FC2ブログ
同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
仮面ライダーW 第2話『Wの検索/街を泣かせるもの』

さっそく遅くなってしまいました。

第2話の冒頭で、人物関係図は分かりやすくて良かったですね。

作ろうと思うと案外面倒な関係図ですが、今後人間関係が複雑化したときにも
続けてくれるのかしら?と余計な考えが浮かんでしまいますが(笑)

第2話は、初見では「え、もうちょっと推理するか、手がかりを見つけるかしようよ」
と思ってたのですが、捜査中のシーンで羽根の模様の服が出たりしてたので、
一応、探偵の表現としてはクリアかな・・・?
(初見でもこの点が引っかかったぐらいで、全体的に面白かったです。)

うーん、しかし、ちょっと翔太郎が確信を得るには微妙な手がかりなんですよね。
核心に直接繋がる証拠が出てしまっては、フィリップが検索する意味が無くなって
しまう事もあるんでしょうけど。

個人的には、最初に真里奈が「ウィンドスケープ社のデザイナー」だった事を出して
おいたほうが、(真里菜が犯人であることを暗示しておいたほうが)翔太郎が
捜査する過程が楽しめたんじゃないかと思います。

散見されたヒントが繋がって、輪郭が浮かぶような楽しさと言いますか。

本編みたいにひととおり捜査が終わって最後に「真里菜はウィンドスケープのデザイ
ナーだったんだ」と言われると、後だしジャンケンっぽい印象になってしまうんですよね。

ヒントをほぼ1カットで見せて終わらせたのは、決して「推理物ではない」事
を考えるとむしろテンポよく見られて良いかもしれないですね。

子供的にはその分、お待ち兼ねのアクションが長い時間楽しめるし、親は大友は
1カットからヒントや伏線を自分で拾って(笑)、みたいな。

正体を現した真里菜のヤンデレ演技はかなり力はいってましたねぇ。
前述のように、初見では翔太郎の捜査に不満があったんですが、それを吹き飛ばす勢い(笑)。

CGを多用したアクションは賛否両論でしたが、もうちょっと滑らかに動くと
良かったですね。それでもT-REXドーパントに引きずられるミニパトとか、
見せ場が多かったですが。

フィリップの検索で、『女』を含めたキーワードでT-REXドーパントが浮かび上
がってましたが、T-REXメモリは女性属性??
どういう意味なんでしょうね。なんとなくT-REXの化石ってスーとかブラック
ビューティーとか、雌の化石の印象が強い気がするけど・・。

いや、聞きかじってるだけです。ははは。

T-REXの化石は男性名がつけられてる物もあるので、関連は無さそうですが。

あと、劇中のハードボイルドやハーフボイルドっていう表現は、モーニングで
連載していた、擬人化した卵が探偵の漫画を思い出すなぁ。
※ハードボイルド・卵(ラン)だっけ?

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:3
[仮面ライダー W
仮面ライダーW 第一話:『Wの検索/探偵は二人で一人』

 

初見でデザインは気に入ったものの、

「うおお、ほぼ色違いのフォームを何フォームも売る気か!」

とか思ってしまったんですが、今回のルナ・ジョーカーの戦い方を見た感じでは
ビジュアル的にかなり楽しめそうですね。

※ディティールが違うので、「ただの色違い」というのは誤解(^^;)

十周期を経て、心機一転といった感じの新ライダー、『W』
面白かったですね。

今作の舞台は架空の都市、『風都』
架空の都市なら何でもアリ・・・である一方、特徴を出そうとしたら背景ビジュア
ルの加工が増えてしまうわけで、主に風車の合成とは言え、CGの発達した
現在ならではかな、と思います。

ハードボイルドに形から入りたい翔太郎の「形」を崩す。亜樹子。
そうです。男の安普請な夢は、いつも女が逞しく破壊していくのです(笑)

怪人は倒されましたが、ストーリー的には第二話、『Wの検索/探偵は二人で一人』に
なるようです。
なるほど、サブタイトルもダブルなんですね。
で、サブタイトル前部が、複数話にまたがる、と。

次回は解決編。
バイク&カーアクションが「たっぷり堪能」できるらしいですよ。

個人的には謎の情報屋「ウォチャマン」を「なすび」が演じてるの事に
要注目です(笑)。

いや、しかし、

この(なすびの)ビジュアルは凄えなっ(笑)!

 

 

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:3
[仮面ライダー W
back | HOME |