同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
Go!Go!感想:第19話「浦島かれんと亀ミルク!?」」
シビレッタの作戦立案能力はキントレスキーとどっこいどっこいだと思う。
(640 x 480) Uかれん&Uくるみ(どっちもウラタロスかいっ)

そーいや、くるみは、かれんに対してタメ口OKなんですね。
そりゃまぁ、去年からそうだったらイイっちゃぁイイですけど、檸檬が釈然としませんが(^^;)

そういえば、久々にあらすじ書いてみましたが、長いな!
でも短く纏めるほうが時間かかるんですよな。
徐々に短くなるようしてくつもりですが・・・。
【感想】
ネガな話からしてしまいますが~。
なんつーか、かれんの個人的な話としても大切な話のハズだし、今後の戦闘や話にも関わりそうな、それなりに重要な話の気がするんですが、あんまりそう見えないのはシビレッタの戦略が大雑把過ぎるからですかねぇ。

そんなシビレッタのプリキュア分離作戦は今回破られた訳ですが、まだ登板が続く模様。うーん、あんまりスキじゃないんですね。シビレッタ。ネバタコは前回のうらら回でちょっと面白い人としてポイントつけましたが~。
でも、今のところは、ナイトメアの面々のほうが好きですね~。


うう、それにしても、ビジュアルがシュールだった。
どこから突っ込んだらいいのかわからんっ。

あえて言えば、個人的には、かれんがミルクと魚を交換した後、立ち去る子供達に手を振りながら上げていた笑い声が怖かったのと、
ミントがエメラルドソーサーでコワイナーに攻撃した後、ドリームが速攻でシューティングスターでブチのめしに行ったのは、やっぱり中身が出ちゃったりしたら、日曜の朝に
放送できなくなるからか?とか挙げておきましょうか~。


展開的にはシビレッタ攻略話だけあって、望たちが動き出してからグッと話のテンションがあがってきましたね。

かれんとくるみが主役の回ですが、個人的にはルージュとドリームが良かったです。

ルージュは戦闘中セリフが少ないですが、「やっと・・・やっと助けに来ることが出来た・・・!」という一言は、今回の事だけでなくて、“今まで悔かった!”という思いが篭ってますよね。そう考えててもおかしくない性格作りをずっとされてきてますし。

で、最近は決め所でトンデモ発言が続いたドリームさん。
今回はカッコよかったです。ちゃんとしてた。

「わかった。絶対助けに行く!」

この一言。

漢らしすぎですねぇ。根拠はまったく無いんですが。
でも、根拠がなくても全力を尽くしてくれる事がわかってるから、かれんもくるみも安堵するんですね。その後の、無言で思案をめぐらせてる時の表情とかひたすら良かったです。

もう、望/ドリームの場合は根拠がないという事が強みになりつつありますねぇ。


でもやりすぎると神格化が進んで万能過ぎるキャラになったり、それが高じてトンデモ発言に繋がったりするわけで多用は禁物だと思うのですが(^^;)

【あらすじ】
ピアノの演奏を披露する、かれん。
演奏旅行で海外にいる父母に聞かせたかった曲。
帰国の日を指折り数えるかのように、鍵盤を弾く。

「まだ、練習中の曲だから・・・・・」

演奏を終えて望達の拍手に包まれながら、はにかんだ。


「皆様、お茶とお菓子のご用意ができました。
お天気も良いですし、お庭で召し上がってはいかがでしょうか」
入出してきた水無月家のじいやが言葉をかけた。

間髪入れずに、望、天井突き抜ける勢いで天を指差して。

「よーし、お庭でお茶しちゃうぞぉ~」
「けって~いっ!!」

いつものアレ。

部屋を出たところで、かれんは、父母から手紙の返事を書くから、と望達に伝え、先に庭に行くよう促した。

自室に戻り、ため息をつく、かれん。
机の上に途中まで書いて止めた手紙が放置されていた。
いくら言葉を重ね、書き綴っていても、自分の想いにすら届かない。。
歯がゆい思いで席について、手紙を書き始める、かれん。
「・・・・昨日も生徒会で目安箱の・・・」
違うわ・・・・。

「どうしたの、かれん?」

突然、くるみの声が耳に入って、驚く。

「ご、ごめんなさい。すぐに終わるから」
「何かあったの?さっきかららしくないわよ?」

くるみにしてみればノックをして入室してから、かれんにずっと話しかけていたのに反応が無かった事が気がかりだし、ピアノの部屋を出てから時折、表情が曇るのを見逃していなかった。

机をのぞき込む。
「もしかして、手紙のこと?」

かれんの将来の夢は、まだ両親には伝えていない。
この機会にと思って書き始めたはいいが、どう書いたらいいかと書きあぐねていたのだった。

手紙の事ならと、胸を張る くるみ。
「思ったことをストレートに書けばいいのよ!間違いない!」
思わず、元のミルクの姿に戻って話を続けた。

例の・・・シロップが青色吐息で運んできた、あの山のような手紙。
パルミエ王国での日々の出来事。それを全て、素直に。

そうね、と少し気を取り直したかれんは、ミルクを連れ、望達の元に向かうことにして扉を開け、廊下に出る。

出たハズが、眼前に広がっていたのは。

砂浜だった。

気がつくとミルクがいない。
あたりを探すと子供達に捕まっているのを見つけた。

そのミルクは何故か亀の甲羅を背負っている。

「やめなさい!・・・・その子は私のお友達なの。」

結局、魚と交換することで、ミルクは無事にかれんの元に戻ってきた。
「ありがとう、漁師のお兄ちゃん!!」
機嫌良く別れを告げる子供達。
「お兄ちゃん・・・・・?」

互いの無事を喜ぶ かれんとみるくの側で突然海が割れ、城が現れた。
「ここは、浦島太郎の世界!?」
門が開き、吸い込まれていく。

中には“竜宮城”の主となっていたシビレッタが待ち構えていた。
ふたりの持つローズパクトを奪うべく、リュウグウノツカイ型ホシイナーが襲い掛かる。。

物陰に隠れ、遣り過ごすものの、くるみが肩で息をしながら膝をつく。
かれんが声をかけ、微笑んだ。
「ミルクに戻ってもいいのよ」

かれんはいつもそうね。と、くるみ
「自分が苦しくても、人のことを真っ先に考えてくれる」
「そんなこと・・・・!」
言いかけた かれんの懐からローズパクトが落ち、ババロア女王が目を覚ました。

「あら二人とも奇抜なファッション・・・・・」
おしゃべりを始めたババロア女王になんとか現状を把握してもらうと、逆にババロア女王から、何故キュアモを使わないのか、と問われた。

意味が把握できない二人を尻目に、
かれんのキュアモに手をかざし、念を込めるババロア女王。

「ロローーーー!!」

かれんのキュアモが光に包まれると時を同じくして、かれんとくるみを探していた
望達のキュアモが輝いた。


望みが出ると、画面に かれんの顔が。
「みんな!聞こえる!?」
「今どこにいるの?」
「エターナルの作った浦島太郎の世界よ」
「わかった、絶対に行くから二人とも待ってて!!」

「望・・・!」かれんと、くるみ。


「見つけたよ!」シビレッタを頭に載せたホシイナーが
 二人に下を落とす。
 キュアモの通信も途絶えている。

かれんとくるみはシビレッタを見上げ、決意した。

 望の力強いの言葉には、しかし、根拠があるように思えない。
 それでも、望が絶対行く!と言ったのなら、絶対に来る。
 だから、それまでは、たとえ二人でも。

「プリキュア・メタモルフォーゼ!」
「スカイローズ・トランスレイト!」

飛翔する巨大な敵に幾度と無く立ち向かう。

しかし、柔らかい体表を持つホシイナーに打撃が効かず、
劣勢に陥るアクアとローズ。
上空から叩き落とされ、追撃が迫る。

「アクア!ローズ!!」

望の声が聞こえた。

飛行体シロップが割って入り、アクアとローズを救う。

飛び去るシロップ。

そして二人の目の前に、りん、こまち、うらら、望。
「よかった・・・・間に合って」

振り返り、驚愕するシビレッタを見上げる望。

「行くよ!みんな!!」

プリキュアとミルキィ・ローズが揃い、シビレッタが執拗に続けてきた分断作戦に完全な敗北が訪れようとしていた。

「やっと・・・・やっと助けに来ることが出来た・・・!」
「私たち、どんなときも一緒だよ!!」

 ずっとそう思ってきた。
 強く願ってきた。
 だから想いが届いた!

立ち上がるアクアとローズ。

 その想いに応えるために。

アクアとローズの打撃に退くコワイナー。
ミントがエメラルドーソーサーで追撃し、ドリームがシューティングスターでとどめをを刺した。

形勢逆転に言葉を失うシビレッタの前にアクアが立ちふさがった。

「もう卑怯な手は二度と通用しないわ!」

渾身のサファイヤアロー

シビレッタは撤退を余儀なくされた。

“浦島太郎の世界”は消え、6人は かれんの部屋に戻った。

「手紙の返事は大丈夫なの?」とこまち。
「ええ・・」

 あのとき。
 望達がを通して自分たちに送ってきた手紙。
 窮地を救った「強い想い」の込められた手紙。
 「ぜったい いくよ!!」とだけ、書かれてた。

それは手紙をどう書くかという事よりも、それに込めた思いの大切さ、力強さ。
そういう事を かれんに改めて教えてくれるものだった。

「だから、大丈夫」

その夜、晴れやかな表情で父母に手紙を書く、かれんの姿があった。
<了>
スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:5
[Yes!プリキュア5 GOGO!]  thema:YES!プリキュア5 - genre:アニメ・コミック
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/66-3912200d
trackback
浦島かれんに吹いたw …つーかさ、 アクアに決めさせてあげようよ、スタッフさん… ホシイナーに止めを刺したのはドリーム。 久々ミントとアクアのコンビネーションが見られると思ったのに… 自宅でみんなにピアノ演奏を披露するかれんの表情はなんだかさえず...
| のらりんクロッキー | 2008.06.09 06:16 |
え、だって元からうわちょなにするんだやめr 演奏旅行から帰って来る両親のためにピアノを練習しているかれんさん。 先週の母親と同じ夢を...
| 『真・南海大決戦』 | 2008.06.09 20:08 |
シビレッタ婆さんのお話シリーズ。 今週は少し趣向を変えたとか。「浦島太郎」です。日本のお話です。 栄えある浦島太郎に抜擢されたのは、留年生徒会長・水無月かれん。 いい歳して「お父様、お母様」にお手紙を書いてるうちに、シビ婆の 世界に転位させられ。一緒にい
| 三十路男の失敗日記 | 2008.06.09 21:37 |
今回はかれんとくるみが浦島太郎の世界に取り込まれる話。 今までの最低の人数でどうするのかと思ったら、ついにシビレッタの世界に乗り込むことが出来るようになりましたか。 あの携帯電話っぽいのにはまさしく携帯電話しかもテレビ電話機能付きな使い方があったんです...
| パズライズ日記 | 2008.06.09 22:55 |
今回も魅惑のコスプレ回。それにしてもシビレッタさんの選択肢には眩暈がします。なぜもっと素敵で可愛いものを選択しないんでしょうか。やっぱり本来の視聴者様が分かりやすい題材を取り上げざるを得ないからですかね・・。 『Abstract』 ご両親にいまだ医者にな...
| 現実逃避 | 2008.06.11 03:19 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。