同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
Yes!プリキュア5 Go!Go!感想:第8話 「シロップと謎の手紙」
望が、ひさびさに戦う食欲魔神の貫禄を見せた第8回。
人の想いに気持ちに応えたい、というテーマに沿って展開してきたgogo!も今回はとうとう鳥の想いに応えましたw。

▼う「そんな事より」▼
これが“春日野理論”だ!
▲う「今後のシロップの行動予測とマーケットの動向を交えて、活動方針を考えたいと思います!」▲
▲なんでコレをこの回に描こうと思ったのか忘れたけど、10話で描けばいいじゃん>私▲
※画像クリックでちょっと大きいサイズになります

冗談はさておき(いや、茶化したけどいい話だったし)。
【感想】
番組冒頭に四十雀を描写しておき、
食欲に絡めて提示したクレープ屋を使った展開が非常に良かったです。
この番組ならではのファンタジックな点も多いけど、そういう部分も含めて
面白かったです。

ここのところ、ドリーム/望のヒーロー度が上がってきてますね。
前回の、パルミエの木が倒されてた直後、肩膝ついてたときの表情とか。
今回も四郎に語りかけるスコルプの言葉を

「うるさい!」

と遮り、視聴者の(もうちょっとスコルプの話を聞かせて!!)という想いをも置き去りにして超強引に物語の軌道修正をするキュアドリーム。
車田漫画のように立てた襟は伊達じゃあない。

「今自分が必要とされていると心に感じたときに体がすぐに動いてしまう」
のぞみは頭で考えるタイプじゃないココ。
ちょ・・・・お前・・・・・ココ・・・w。
ストレートに○゛○って言ってないか・・・。
それにしても、最近のココはシロップに望の話をするとき、単に褒めてるんだか、シロップに望を押し付け託そうとしてんだかわからん感じが。
まぁ、去年の秋ごろから続いてる、望を中央に持ってくる為の話作りの一環であって、他意はないのだろうけど(スタッフに)。
でも前シリーズでも立場の違いに悩むような描写があったから、そういうラブコメ話の布石になる可能性も、無いではない・・・かも?

とりあえずシロップはどこに向かってるんだ(色んな意味で)w

その他:
各所で話題になっている次回予告。
「名探偵こまち誕生」に期待大!

本編とは関係ないけど、あらすじはもっと短くまとめることにしよう・・・・。
オフィシャルにあるのにワザワザあらすじを書くのは、自分の注目したい点がオフィシャルに書かれてなかったり、考えを纏めるのに意外と使えたりするので、これはこれで自分にとっては都合がいい事なんですけどね。

【あらすじ】
望たちの町のシンボルという時計塔で。
悪夢にうなされるシロップ。
夢の中で置き去りにされる。

四十雀が営巣する時計塔。

鐘が鳴る。
驚いて目を覚ますと、同じく飛び起きたメルポから手紙が出てきた。
プリキュアに宛てられた手紙。

町を見下ろすスコルプ。
「立場がなくなる前に、とりあえずあれを没収しておくか。」
時計塔を見る。

学園のテラス。
山のように積まれたホットケーキを前に満面の笑みを浮かべる望とうらら。
あきれ顔のりんの皿にも、当然のように同じものが積まれている。

うらら「広場の方に新しいクレープ屋ができたの知ってます?」

まだ食べるのか、と、かれんとこまちが、あきれ顔をしているところに
食堂手伝いをシロップが手紙を持ってくる。
「おまえ達宛だ」

封を切ってみると、

紙切れ、草のつる、ホットケーキのかけら。

りんが、つるを手に取る。
「これ、時計草だわ」
「じゃあ、これって、りんさんの家から届いた手紙でしょうか」
「ちがうでしょ」
「わかった!りんちゃんの家でおいしいホットケーキが焼けから早く食べにおいでー、おやつの招待状だよ!」
「だから、うちからじゃないって」

その会話をよそに空を見上げるシロップ。

顔をのぞき込む望に気づいた。なんだよ。
「シロップはこの手紙をどう思う!?」

運び屋であることを理由に、内容には触れないが、と前置きしつつ
「手紙の送り主はどうしても伝えたいことがあるんだと思う」

その言葉に手紙の送り主を捜すことを決めるのぞみ。

ナッツハウスで手紙の内容を再検証。

その様子を眺めながら、なぜ他人にあんな一生懸命になれるのか、またもや
理解に苦しむシロップに、ココとナッツは、それが望の良さだからと答える。


手紙の内容物にはそれぞれVのようなマークがある。
Vに関連する言葉。

こまち:ビクトリー
かれん:バーチャル
うらら:ボイス
りん:ビデオ
のぞみ:びっくりする

脱力しつつ、これは文字ではなく、押しつけたような跡であると、うらら。

うーーーーん、と唸りながら
テーブルに突っ伏した望は突然起きて。
「クレープだ!!」
と叫んだ。

うららすら心底がっかりした表情を浮かべる中、
望は紙切れから、クレープの匂いがする、と続けた。

うらら「こないだオープンしたクレープ屋さんですね!」

シロップも引き連れ、広場でクレープ屋のチラシを受け取る。

たしかに手紙に入っていた紙片はチラシの一部だ。

「時計塔のチラシに、時計草・・・・」
つまり、手紙の内容は時計塔に関わることを示している。

さっそく時計塔に行ってみるが、
時計塔に寝泊まりしているシロップが、手紙を書きそうな者の心当たりがない、と言うと、手紙の事はさておき、
シロップが時計塔に寝泊まりしていると聞いて驚く一同

「あー、君たち。今日からここは関係者立ち入り禁止だよ。」
現れたスコルプが言った。


スコルプ
「時計塔の鐘はけっこう価値があってねぇ」
不気味に笑う。

消火栓をコワイナーに変え、

「さあ、ローズパクトを渡してもらおうか!!」

「やだ!」
プリキュア5、メタモルフォーゼ

しかし、消火栓ホシイナーは
P5を無視し、時計塔に襲いかかる。
追いすがるプリキュア5だが一蹴されてしまう。

そのとき、どこからともなく飛来してきた小鳥がスコルプを威嚇するが、スコルプは躊躇無く弾いてしまう。

躊躇無く小鳥をはじいてしまうスコルプ。

地に落ちた小鳥をシロップは抱き上げた。
いったい何故、こんな危険なことを?

小鳥の視線を追うと、そこには小鳥の巣が。

こまち「もしかして、手紙の送り主は、あの鳥!?」
手紙に入っていた小物についていたVの文字は、くちばしの跡。

時計塔を守る価値を問うスコルプに反発するが、またも劣勢を
強いられるプリキュア5

スコルプがシロップに迫る。
「ローズパクトを渡せばキュアローズガーデンに連れて行ってやる。」
「おまえの捜したいものがあるのだろう」
「ああ、おまえの捜したいものは」
「うるさい!」

スコルプの言葉を遮ったドリームはシューティングスター放ち、
コワイナーを撃退した。
スコルプ、敗走。

鳥の巣を元に戻し、家族がそろっている事を喜ぶ一同。
しかしシロップひとり浮かない顔。

望が問う。

シロップ:
「夢を見るんだ。
 真っ暗闇で一人、光を追いかけて
 でも、追いかけても追いかけても届かない。
 ただ、怖い夢・・・」
「・・・・・・なんでもない」

望:
「今度その夢を見たら、手紙をちょうだい
 わたし、シロップの夢の中にいって、こっちだよって手を引っ張ってあげる。
 そしたら、暗闇から出られるでしょ?」
「シロップが手紙に書いてくれたら、その想いに絶対答えるんだもん!」
 メルポから大量の手紙ミルクから

かれんが写真を手に取り、
「もう、ミルクったらしっかり閉じなきゃ」
と、微笑む。その写真の花は青く輝く。

望、大量の手紙にうんざりする皆をよそに、
「よーし、さっそく、ココとナッツに届けに行くぞぉ。決定!」
<了>
スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[Yes!プリキュア5 GOGO!]  thema:YES!プリキュア5 - genre:アニメ・コミック
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/43-3437b5af
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。