同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
ふたりはプリキュアSplash☆Star #12『チョッピはチョピっとホームシック? 』
妖精との絆を深めるお話の第2弾。

美翔家の夕食時、一人部屋に残されるチョッピ。
仕方の無い事とはいえ、ホームシックにかかっている時に、団らんの輪に入れない寂しさは察するにあまりあります。

翌朝、舞が目を醒ますと既にチョッピの姿はなく…。
ここで、髪を下ろした舞に目を奪われるのですが(笑)、よそのサイト様で『以外と子供っぽいパジャマなのも、舞の(生活環境からくる)性格を物語っている』という意見を見たときは驚かされた覚えがあります。

舞の家族については、後のエピソードでもさらに語られるのですが、両親は研究者で、しかもジャンルが全く別です。
これは、極端な話、相手が自分を差し置いて仕事に没頭していても夫婦が成り立っているという事になります。
そういう相手をまるごと受け入れている訳ですね。

おお、こないだの仮面ライダーフォーゼのエレキスイッチのエピソードみたいだw

そういう関係性は子供達にも影響していて、和也も舞も見事に自分のやりたい事に没頭する性格になっています。
違うと言えば、和也が割りとおおらかな性格であるのに対し、舞は時として自分の世界に閉じ籠ってしまう事なんですが、まぁ、それは後のエピソードで…。

本編はチョッピがいなくなってからは、行方を探す咲達が描かれるのみのシンプルな展開。
場面転換が多かったフラッピのエピソードとは逆ですね。
それでも、1シーンが長すぎると言う事もなく、いい雰囲気のエピソードでした。
本エピソードは、あの、美しい夕日のなか、優しく語りかける舞と涙を流すチョッピ。このシーンの為のエピソードでしたねぇ(´ω`)
スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[ふたりはプリキュアsplash☆star
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/320-e7dfc373
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。