同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
【混淆世界】我々、茫星人は不正な手段に甘んじて生きる事はできない!【ボルドー】
ブランゼラードミニオン

一応、当blogはこういった古い漫画やゲーム作品から割と最近の作品まで扱う予定です。
最近の作品は、まず見る時間がなかなか無くて、週に3-4本見られれば、かなり良いぐらいですけどね~。

今回は「混淆世界ボルドー」より、主人公ロボット
ブランゼラー・ドミニオン”

この名を聞いて未だに胸が熱くなる人もいるのでは?
初出はバンダイが発行していた模型雑誌「B-CLUB 7号」(1986年)
未だに所有するこの号。
投稿企画ページの「読者投稿」として掲載された、カラー2ページの企画書。
初めてこのページを開いてアメコミ風のイラストと共に描かれた解説を見たとき。。
興奮しましたねぇ。
ボルドーについては他所のサイトや掲示板で語られているけど、ありていに言えば
剣と魔法と科学技術の混ざった世界にロボットが主人公メカとして君臨しているとい
うもの。
未だに語られる理由はいくつかあって、それは当時は斬新だったし、今でも通じるもの
が多いと思うけど、記事の中で私がもっとも惹かれたのは、それは市川氏による
概要説明の最後にあった、

“テーマはロボットの魅力追求”
という、この一文。

目から鱗が落ちる思いでしたねぇ。
「おお、そうか、そういうものがテーマとして成立するんか!」
と思ったものでしたよ、当時。

今にして思えば、企画としてのテーマと物語上のテーマは違うという見方もあるけど、
当時、多くの作り手のインタビューやファン同士、ライターが語るテーマといえば
妙に文学的に振られてることが多くて、こういう企画としてのテーマの提示が珍しく感
じられたわけですね。
見てた媒体が悪かったのかもしれないけど。

その後、『ボルドー』はB-CLUB誌上で3回ほど掲載された後、サイバーコミック02号から新規に連載されてました(この際、人物の絵柄をアニメ調にリニューアル)。

作品解説はwikiにリンクでも張ればいいか、と思ってたら、無くなってる!?
なのでちょっと触れておきます。

【概要】
 地球の呪いを受け、外部から見ることが出来なくなった地球の第2衛星ボルドー。
そこには地球にとって好ましくないとされ、飛ばされた人々が住んでいた。

 主人公、木崎和馬の父親、徹もその一人。謎の機関から派遣されたというジェミナに
ボルドーへ向かうよう諭された和馬は、そこで竜神兵ブランゼラー・ドミニオンと出会う。

人の意思が現実に物理的作用を及ぼす世界。過去のボルドーにたどり着いた未来人に
よって魔法技術として確立していた。

【単行本1巻ストーリー】
 ボルドーにたどり着いたカズマ。父親は100年前にボルドーに辿りついており、ボルドーの王トールとなっていた。折りしも戦争の間際。“ゆき過ぎた平和は、いざという時ルールが忘れられてしまい危険”という思想の元、ルール化された戦争。
近隣諸国に魔女狩りと称して侵攻を行う、魔法を持たない国ガルデンに、父を継いでブランゼラー・ドミニオンの新たな騎士となったカズマが挑む。

【単行本2巻ストーリー】
 200年以上前に忽然と消えた王国“ジョガ”から来た妖魔の少女カシューは、悪魔ジェラルカーンからジョガの救出をカズマに求める。
ジョガは悪魔が擬態した巨大なダイヤモンド単結晶のスカイフック(軌道エレベータ)によって静止衛星軌道上から吊り下げられていた。
悪魔ジェラルカーンはジョガの竜神兵バドゥーム・キャステランを支配し、人質のウォルガ姫を人質に取り、特殊能力の固有時制御を駆使してブランゼラーを苦しめる。

【2巻以降のストーリー】
 未完(;´Д⊂)
 単行本未収録あり。

【竜神兵について】
 ボルドーにおける戦闘ロボットのこと全高15m前後。
 完全に自立した思考能力を持っている。この思考は霊的なものではなく、ソフトウェアとして製造されたものとされている(「敵は海賊」のA級知性体に近いイメージ)。
国ひとつに1体あり、合戦で象徴として相手国の竜神兵と戦う。戦争法により火器の使用が禁じられ、格闘と魔法で戦う。
非戦闘時は1市民として扱われ日常生活を送っている。ブランゼラーの場合は「ブランゼラー公」と称号つきで呼ばれるため、何かしらの位にある模様。
巨体のまま日常生活があるため、感情に「怒り」「闘志」が無い温和な性格に作られており、戦闘時にはそれらの感情の源として人間を“接合”する(騎士)。
その際、日常の竜神兵とも騎士とも異なる“第3の人格”が覚醒する。
 例外的に、1巻のガルデンの“ガイムリーAFR-02”は火器を搭載しており、人間との接合は無し。2巻冒頭に出る“バウギャザー・ドレイクン”は多くの生贄を捧げられながら建造され、残忍な性格となっている模様(B-CLUB 7号設定)。

そのうちガイムリーも描きますか。
スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[懐メカ]  thema:自作イラスト(二次創作) - genre:アニメ・コミック
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/3-4f58e043
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。