同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
フレッシュプリキュア!感想:第50話(最終回)「笑顔がいっぱい!みんなで幸せゲットだよ!!」

今更、とか言われてしまいそうですが、とにかく最終回分です。

もたもたしてるウチに、今週末はDX2ですね。1年たつのはえー。
DX1じゃ、いかにもルーキーだった桃園さんたちも、DX2では貫禄が
出てきたと言う風の噂で。


迎えた最終回。

48話の感想でも書いた事ですが、平行世界を全て救うという壮大な話の規模から
すると、ラビリンスをはじめとした人間が少なくて、スペクタクル感が削がれて
いる感も有ります。

しかし、そういった一般の人間一人一人、個人が判別出来る水準で描きこまれて
いるのを見ると、ひょっとしたらマッチ棒にグレー一色で塗りつぶしたような、
「その他大勢」な表現をしたくない、という意図があったのかもしれませんね。

Bパートで、ダンス大会の観客が集まってくるシーンで、群衆の中からクローバー
タウンの住人が見分けつく事からもそう思わされます。

ダンス大会のあと、せつなは、ウェスターとサウラーと共にラビリンスに帰る事を
ラブに伝えます。思ったよりもずっと冷静に受け止めるラブ。

意外なようでも有りますが、しかし、フレッシュプリキュア本来のテーマは、

「本当の幸せ」

パッションとして生まれ変わり、桃園家に迎え入れられた せつなは、確かにラブに
よって幸せをもたらされた。

でも、言ってみれば、それは今まで得られるはずだったものを、取り戻したとい
う事にとどまります。

それでは、その先は。

ラブはミユキのようなダンサーに、美希はモデル、祈里は獣医になる夢がある。
(番組後半では夢に関する表現が抑えられてしまいましたが。)

対して、せつなは、夢を育むような原体験が無いためか、将来の展望を考える
事も無く、桃園家で過ごしてきました。

そんなせつなが、メビウス亡き後のラビリンスを見たとき、自分の将来を見出した
のもある意味必然と言える流れ。

ようやく、「将来を夢見る幸せ」に手をかけたと言えるんですね。
今まで得るべきだった幸せと、これから得るべき幸せ。

せつなにとっての「本当の幸せ」が、ラビリンスに帰る事で揃うわけです。
ついで言うと、受けるだけでなく、誰かを笑顔にするという事だって、幸せの
ひとつですしね。

そう見ると、ラブが別れを落ち着いて受け止めたのもよくわかる気がします。
せつなに対しては、家に迎え入れたり、ダンスに誘ったり、と半ば強引な行動を
しましたが、それは言わば、せつなが変わるための行動であって、逆に、せつなが
自ら変わって行こうとするときに、それを留めるための言動はしないんじゃない
かと思います。

ダンス大会優勝の後は、ダンスシーンに引き続き流れるEDテーマと共に描かれる、その後のラブ達の姿。

美希と祈里はそれぞれの道へ。

丘から街を眺め、ウェスター達と共にラビリンスへ向かいます。

そして、ラブもまた、日常へ。

身支度をし、両親に挨拶をして、学校へ向かう。

しあわせ、ゲットだよ!

と、いつもの口癖

こうして、ラブの涙で始まったフレッシュ・プリキュアは、
ラブの笑顔で物語を閉じたのでした。

まぁ涙と言ってもアレですけどね(笑)

終盤はEDテーマに乗せてフラッシュバック的に映像をつなげ、説明的な表現は控え
られてましたね。

家の前の家族全員での記念撮影。

せつなが自分の正体を、桃園家の親に告白する場面を見たかったのも確かですが、
過去の数々の家族エピソードと、「全員」での撮影、そして穏やかな笑顔が、そ
の場面を想像させてくれます。

また、あちこちで言われていますが、せつなが立ち去る直前、何かを呟いたとき、
無声だったのも、目頭が熱くなる演出でしたね。

後半のエピソードに一部、思うところもある番組でしたが、

毎週見続けてて、本当に良かった。

以後、折りたたみに、まとめ感想です。

【まとめ感想:太陽の子どもたちへ】

本シリーズに限らず、ニチアサ番組はメインターゲットたるお子達が楽しめて、
バンダイカーン様の懐があったまれば言うこと無しですよ!
ミもフタもありませんが、とりあえず、それを踏まえた上で(^^;)。

本シリーズには、これまでのシリーズともまた異なる意義があったと思います。
スタッフが入れ替わり、キャラクタデザインや、いくつかのお約束の撤廃。

それでも、プリキュアはプリキュアでいられるのか?

番組開始前の疑問点、不安感。

それに対しては見事に払拭できたのではないでしょうか。

変革を受け入れながら、らしさも残している。

プリキュアシリーズは、しなやかで強靭なシリーズであることを示したのでは
ないか。・・・と、記号性と「それらしいカッコよさ」の中で、そうとうに苦し
んでデザインされていそうな気がする、ウルトラマン・ゼロを見ながら思うので
した(笑)。

一方で、フレッシュプリキュア。

パッション覚醒以前に打ち出された、様々な新機軸や要素が、それ以後は
トーンダウンしているところもあるんですね。

ダンスもそうなんですが、活躍が一般人に知られて行く過程や、破壊される街、
美希の家族等。

番組開始前、少し年齢層の高い女児視聴者を増やすためにドラマ性を深める、と
いう触れ込みでしたが、

そこはあまり上手くいかず、微妙に路線変更したのかもしれません。

特に、キャラクタたちにシビアな判断を求めるような要素が削減されたように見え
ます。

せつなの正体がイースであったこと。漫画版ではミユキに告白していますが、それ
はTVシリーズにはありません。

漫画は漫画ですが、あれだって内容チェックが入っている訳ですし、作り手が思い
もよらなかった場面だった訳ではなく、意図的に避けたと考えるのが普通かなぁと
は思えます(漫画版に無かったとしても)。

美希の弟の和樹や、サウラーの作戦の冷酷さが抑えられたのは、そういう流れの
一環かもしれませんね。

それがホントに路線変更だったのか、そして意図的なものだったのか否かは、
外から知る術はありませんが、シビアな展開は減っても、キャラクタの性格変更や
作風の大幅な変更は無くかったため、全体な雰囲気はフレッシュらしさを保ってい
て良かったです。

でもまー、やっぱり見たかったなー。美希サウ話

サウラーが立てた、病院にいる人間を不幸にする、とかいう無茶苦茶な作戦に
和希が巻き込まれ、美希/ベリーが奮闘。最終回近辺の美希サウに繋がる、とか
いう話を、ですね。

作監:川村女神、脚本:ナリータで見たかったよ・・・・(笑)。

いろいろ書いてしまいましたが、本シリーズ映画を含めて、最近は他の番組を含め
て、ちょっと無いぐらい泣かされたシリーズである事は間違いないです。

それに、やっぱり、人前で応援を受けながら戦うヒーローの魅力を再認識させてくれたシリーズでもあったと思います。

ボーカルアルバムのタイトル「太陽の子どもたちへ」
モチーフが果実にである事から、そう名づけられたのかもしれませんが、
それ以上にFの四人に相応しいタイトルだと思いました。

以上で、フレッシュ プリキュアTVシリーズの感想を終わります。
ありがとうございました。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:0
[フレッシュ プリキュア
comment
お久しぶりです

最終回感想、読ませて頂きました。

ラブが別れを落ち着いて受け止めた所は、尺の関係かとも
思いましたが、そう考えると、なるほど、せつなが自分から
幸せになろうとしている思いを、尊重した訳ですね。

私もこの作品には結構泣かされました。
劇場版を含め、心から楽しめた作品でした。
2010/03/21 03:58 | | edit posted by Takeyan
こんばんわ。
返信遅くなってすみません
長々と書いてしまった文章を読んでいただいて。ありがとうございます。

>>思いましたが、そう考えると、なるほど、せつなが自分から
>>幸せになろうとしている思いを、尊重した訳ですね。

いやー、美希のモデルの夢がかないそうになったときに、プリキュア
やめさせようとしたぐらいですから(笑)

このコメント書くまで忘れてましたが。

他に夢のある幼馴染2人をダンスに誘ったのは、本格的に夢に向かう
前の思い出作り的な面もあった・・・という話もあるかとおもったら、
なかったですね(^^;)

劇場版については書きませんでしたが、劇場で見てきました。
涙腺崩壊でしたねぇ。男のほうが泣ける話かもしれません。
子供と一緒に来ていたお父さんとか、涙ぬぐってました。

個人的に1シーズン内で泣かされた回数は最多かも知れないですねぇ。

てゆうか、宮迫くん描くのお上手ですね・・・・・。
2010/03/23 22:23 | | edit posted by 黒森コウ
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/290-fe09e9fc
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。