同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
ゴーオンジャー 第2話感想:「無茶ナヤツラ」
黒つながりってだけで申し訳ない


今回は、戦隊そのものの説明と追加メンバー話を同時にやってしまう、高効率エピソード(笑)
でも、赤青黄と黒緑の変身アイテムが違うのは何かの伏線かもね?
しかし、今回はなんといっても、前半最後に

「かっこ良過ぎる・・・・」

と、呟いた石原軍平。この男ね。
も、もうダメ・・・面白すぎる(笑)

軍平は、第1話で3人のゴーオンジャーに「炎神は凄いがお前たち自身は甘い!おれにやらせろ」と、迫った男。いつかどこかで、似たような男を見たような気がする。

いつ、どこで?

ランバ・ラルか?
とりあえず、ゴーオンジャー公式サイトで、石原の紹介ページを見る。

・・・だから、前にも書いたけど、石原の素性が番組に出るのは来週じゃないか(涙) > TOEI
が、まぁ、この男が誰に似ているのかを判ったからよしとするか・・。

それはともかく。
先に書いたように、第2話はアクションシーン多めながらも、追加メンバーとなるブラックとグリーンがゴーオンジャーになるまでのエピソード。どーしてもゴーオンジャーになりたい男、石原がマスコットロボットの“ボンバー”を誘拐し、ゴーオンジャーとはなんなのか、炎神だけで戦わないのは何故なのか、なぜあの3人なのか・・等々、ストーリの根本を語らせるお話。
しかも、これまでの戦隊モノのド定番シーンを出す順序を変えることで、新しい見せかたも考えているようです。
第一、番組の冒頭、悪の組織ガイアークはダムの貯水池に毒を投げ込むという懐かしい作戦を決行し、汚染するところまでは成功させてしまっている。
ええーーー!!じゃあ次は幼稚園バスジャックか!?

まぁ、このときは3人のゴーオンジャーが撃退している。怪人に言わせると「テスト成功」との事だけど、ともかく水が汚染されたことには違いない。どうすんのコレ?

「後は、管理室に行ってこの水を使わないように言わなくちゃ」

おお・・・青吉よ、オマエは頭の良い子だ・・・・・。

という訳で、過去、数多の悪の組織が計画し、同じ数のヒーローたちが阻止してきた「ダムへの毒物混入」作戦は、ほんの一瞬で成功し、たった一言で解決してしまったのでした。
凄すぎるぜ、ゴーオンジャー(;´Д⊂)

その間の、ゴーオンジャー基地こと、中古のバス。
忍び込んだ軍平がバンブーと炎神キャストを盗み出す。先週、コイツのせいでバイトを追われた城 範人(緑)が見かけてバイトの件を抗議するが軍平は構わずバンブーにゴーオンジャーの事を問い詰めた。バンブーいわく、
・あの3人は生身でもガイアークに立ち向かった、生来の(精神面でも)ヒーロー。
・炎神は人間界では10分しか元の姿でいられない。
・精神を封じた炎神ソウルと縮小したボディの炎神キャストを接続するのは“相棒”と呼べる間柄になった人間(ドライバー)が必要(炎神の操縦も同様)。
・“ドライバー”を危険から守るため、ゴーオンジャースーツがある。
・バンブーは炎神によって作られた水先案内ロボット

話をしている場に、バンブーの現在位置をスピードルに追跡させた走助、連、早輝。
軍平とついでに範人を問い詰めるが、その間にパイプバンキ巨大体で登場。

3人は変身して現場に急行する。
「見た見た!?」とはしゃぐ範人に対し、軍平は冒頭に書いた「・・・・かっこ良すぎる・・・。」

炎神キャストの無い3人は、合体武器、“ハイウェイバスター”を巨大パイプバンキに撃ちはなった。
これも何気ないシーンに見えたしまうかもしれないけど、なかなか新鮮なカット。
巨大化怪人と同時に戦隊が写っても結構自然な合成だったし、バズーカの類をあれだけ連打するのも珍しい。
もうちょっと有効な攻撃に表現してもいいと思うけど。
通常なら
怪人(小)→ハイウェイバスターで倒す→巨大化→巨大戦闘
となるところを巨大化を前倒しにする展開にしてこういうシーンを作るわけですね~。

結局危機に陥る3人を見かねて炎神キャストを渡そうとする軍平たち。
その二人を見て、バンブーは変身アイテム“シフトチェンジャー”を二人に渡す。
あれ、ゴーフォンじゃないんだ・・・。
爆炎の中、ブラックとグリーンに変身する二人。
集まった5人。グリーンが無邪気に言う。
「ねぇ!せっかく五人集まったんだから、アレやろうよ!」
アレとは5人での名乗りポーズのこと。
確かに先週目撃してたけど、なんかメタな発言だなぁ。
軍平は「“ゴー”オンの癖して3人はありえん」とか言えばもっと早く仲間に入れてもらえたんじゃない(笑)。
その後はさっそくエンジンオーに合体。炎神のいないブラックとグリーンは橋から落ちそうになった母子を救出する等サポート。パイプバンキを今度こそ撃退したのでした。

巨大ロボアクションをはしょったけど、相変わらずアナログ感全開。
その代わりレインボブリッジらしき橋をミニチュア(とは言えかなり大きい)で作ったり拘りと突っ込みどころ満載のアクションでした。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[炎神戦隊ゴーオンジャー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/29-5d49910f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。