同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
侍戦隊シンケンジャー感想:第四十五幕『影武者』

なるほどねぇ。

今までのエピソードで、何かつながりに欠けると言うか、座りの悪いような
要素に、それこそパズルのピースがハマるようなお話でしたね。

個人的には特に、先代シンケンレッドが不完全な封印の文字を使い、果てた、
という話と、丈瑠に獅子折神が託されるあのシーンは、なんとなく違和感が
ありました。

他所のblog様でも書かれてたので、そう思った方も多いはず。
ドウコクを封印した後に立ち上がって、丈瑠に獅子折神を渡したの??
ありえない話じゃないけど、流れとして綺麗さに欠けるような。

しかしまぁ、戦隊・・と言うか、アニメ全般でもそういう、感動的・印象的な
シーンを連続でやってしまって、結果テンションが落ちてしまう事があるから、
シンケンの場合もそれに近いもんかと思ってたんですね。

しかし、丈瑠が影武者となれば話は別で、むしろ、丈瑠が父親から獅子折神を
託された話はほぼ丈瑠の回想の中で出てきてるのに対し、先代シンケンレッドの
死は、彦馬爺がメンバーに対して「状況説明として」語っている、と、明確に
区別されていたりする事にも下を巻きます。

「俺は、殿様でない俺を見るのは初めてだ。びっくりするぐらい、何も無いな・・」

という言葉も、番組開始当初、皆に隠れて血を滲ませながら烈火大斬刀を振って
いた丈瑠を思い出して、切なくなりますなー。
この展開になると、侍ではない源太いかに重要か、という事ですが、今の丈瑠は
十臓との対決に惹かれているふうでもありますね。

真のシンケンレッドとして出てきた志葉薫ですが、言葉少ない中にも人格や品位
が感じられますね。側近の丹波歳三のシンケンジャーの面々に対する態度を何度も
窘めてたし、「血のにじむような思いで封印の文字を習得した」とか、丈瑠に対し
て思いやるような表情を見せていました。
出てきて実質1エピソードなのに、この重厚なキャラ作りには驚かされますね。
丹波も、これはこれで姫を守っているのかもなぁ、と思ったり。

「シンケンジャー」という表舞台から降りてしまった丈瑠ですが、この後どう
やって変える咲くんでしょう。「姫」が高圧的で嫌味なキャラなら、「姫」が
倒れて丈瑠が再び変われば良いんですが、そうなっていないですし。

シンケンジャーも最終決戦に向けて残り4話。
見逃せない展開になりそうですね。

あと、超気になるんですが、丈瑠って、
『志葉』丈瑠でなかったら、なんて言うの??

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[侍戦隊シンケンジャー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/277-0877a966
trackback
丈瑠は殿様でも志葉家当主でも、そもそも侍の家の者ですらなかった。 真の志葉家当主が成長し、次代に繋がるだけの力を付けるまでの影武者...
| 『真・南海大決戦』 | 2010.01.17 13:18 |
タケルボロボロになってかえってくる。そして、ジイヤにシンケンレッドのことを聞く。ピンクのマコさんがタケルは影武者ですかときく。そして、18代目当主、シバカオルさんがやってくる。ドウコクと先代シンケンジャーが戦うシバ家は滅ぼされそうになってたため、影武者...
| ぺろぺろキャンディー | 2010.03.21 13:50 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。