同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
侍戦隊シンケンジャー感想:第四十三幕『最後一太刀』

ある意味、腑破十臓よりもむしろ、
人の情に付け込もうとしたアクマロのほうが人の情を信じていたという
皮肉な結果に。

なるほどー。

十臓は薄皮太夫(薄雪)のように突発的に外道に堕ちたのではなく、
裏正が身内だと知りながらも200年にわたって人斬りに耽っていた間に
外道に堕ちたみたいですね。

薄皮太夫の三味線がうめき声を上げているのを見た感じ、裏正も同様に
意識を持っていそうです。

人斬りに心を痛めていた身内を、あえて加担させ、200年にわたって
苦しめてたワケですから、
十臓の業の深さも、なかなか極まったものがあります。

開放されなかった裏正の魂は、今後の展開のキーになったりするんでしょうか。

シンケンジャー側は、源太がクローズアップされた話ではあるんですが、
流之介と千明が良かったですね。源太に厳しい言葉をかけた流之介も、
後の行動を見ると「あえて言った」という感じがありますし、千明は千明で
「しょうが・・・・ねぇよ」とか、「ウチの6人目がどうしたって?」という
セリフはイントネーションにまで思いが込められていてホントに良かったです。
それぞれ、流之介なりに、千明なりに、源太に対して気遣いのある言動なんでね。

気遣いという意味だと、丈瑠が千明と流之介を源太の元に向かわせたのも、
ある意味、気遣いだと言えるかもしれないですね。

交友関係から見ると、源太は、ことはと菜子に対してやや距離をおいてますからね。
まぁ、侍として劣っている、と痛感して出て行った状態で、菜子やことはに声を
かけられると、男の子的な(安い)プライドにヒビが入るから・・・という見方
があるかもしれませんが、殿様はそういう観点で人間関係を見るかな?

いずれにしろ、脚本的には流之介と千明が行った方が、源太がすんなり立ち直る、
という判断をしたんだと思いますね。

もし、単純に源太が単独行動をしているようなシチュエーションだったら、
丈瑠はアクマロの能力を考慮して、熟練度の高い流之介と菜子を連れて行った
と思います。

現状では、アクマロは退場し、ドウコクは三途の川に沈んだまま。
十臓は真性のサディスト・・・・ではなくw、外道であることを示したものの、
以前ほど丈瑠に執着している訳ではなさそう・・・・という事で、物語を強力に
引っ張ってくれる人が不在になってしまった感があります・・・・・・・・と
思ったら、予告で謎の女性シンケンレッドが(^^;)

なかなかの美声でカッコよかったんですが、どういうシチュエーションで出てくる
んだろう。

次回、1月3日かの第44章から2月7日の最終幕までの6回は最終幕、という
位置づけだそうで、公式サイトによれば怒涛の展開が待っているようなので、
楽しみにしましょう。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:1
[侍戦隊シンケンジャー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/271-0de7eb86
trackback
人でも外道でもない十臓。 侍でも寿司屋でもない源太。 いつぞやの因縁フラグぽいモノは、この中途半端な存在としての共通項を表していた...
| 『真・南海大決戦』 | 2009.12.30 11:35 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。