同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
仮面ライダーW 第9~10話:『Sな戦慄』

第9話「/メイド探偵は見た!」
第10話「/名探偵の娘」

インタビューで
「武器の説明等、番組立ち上げのために必要な“ノルマ”からようやく離れられたエピソード」
みたいな事が書いてあったので、肩の力を抜いたお話になるのかと思ってたら、
どうしてどうして、盛りだくさんな内容でした。

Wと園崎家の顔合わせ、鳴海親娘の関係性と、映画「ビギンズナイト」への伏線。
翔太郎は「“おやっさん”を殺したのは自分」と口にしましたが、第1話の冒頭
シーンが、おやっさんの最期のシーンでは無いという事でしょうか。

その、おやっさんは映画CMで顔バレしてましたが、吉川晃司が演じるそうで、
これは意外な配役。特撮雑誌であれやこれやと記事が書かれてますが、劇場公開
のお楽しみですね。

幾人ものケーキ職人が消息を絶っている屋敷、園崎家に潜入した鳴海亜樹子。
心配して来た翔太郎を顔芸で追い払うのが小憎らしい(笑)

10話では依頼人が傷ついて落ち込んだものの、翔太郎も同じ事で、おやっさん
からどやされた話を聞いて、一大奮起(核心を話そうとした翔太郎は空振り)。

「依頼人は必ず助ける」

その思いは、推理ショーという斜め上方向に突き進んでしまいましたが(笑)、
正体を現したスィーツドーパントから体を張って依頼人を守ったところを見ると、
決意は本物だったようですね。

なんか

ちょっと

カッコいいぜ

亜樹子。

その代わり、Wヒートメタルの必殺技は極めて気色悪かったけどな(笑)。
ブラウ・ブロか、オマエわ。

園崎家の面々は、園崎パパは高笑いしてただけなのに、変身したらあんなに
頭がデカいのに、えれぇ強そうです。展示物と過去のドーパントの一致に動揺
する翔太郎が良いですね。

博物館の中で、翔太郎と素顔同士で出会うシーンもあって、これからが楽しみです。

そしてひたすら不遇な霧彦さん。

妻だってWを取り逃がした事があるのに、何故にその妻から御仕置きを受けねば

ならないのか。

戦う婿養子、霧彦さんに幸多からん事を(笑)。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダー W
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/254-b2a365d1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。