同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
侍戦隊シンケンジャー感想 第三十五幕「十一折神全合体」

サムライハオー。
なるほど、コレで来年の「シンケンvsゴーオンジ」でエンジンオーG12とタメ貼るわけですね。

しかし・・・牛折神のときに書き忘れてたんですが。

またコレ電動アクションかよ!

とか思いました。


子供ウケ良いんでしょうか、コレ。

今回は、そんな新メカ登場の傍ら、流之介が捨ててきた歌舞伎世界のお話。
流之介をサムライハオーの話から引き離す事で、流之介のドラマを充実させよう
という意図があったのかもしれませんが、結果として両方とも淡白な感じに
なってしまったと思います。

アヤカシは力押しだったし。
車が食われるシーンなど、表現としては、また新しい映像技術が披露されてまし
たが。

思うに、あまりメインライターに新メカ登場話を担当させないほうが良いのでは?
昔よりかなり早いペースでオモチャが発売されるし、そう何回も登場シチェーショ
ンなんて思いつかないのでは。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:1
[侍戦隊シンケンジャー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/239-8c7aff5e
trackback
今回はオープニングでアヤカシのブタガワラさんでてくる。ゲンタは、ウシオリガミのディスクの開発をしてた。ブルーのリュウノスケはなにか歌舞伎の公演をこっそりみにきてた。サムライとして戦うために歌舞伎止めたので相方は怒ってた。そして、町でフダガワラがあばれる...
| ぺろぺろキャンディー | 2010.01.30 21:02 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。