同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
HTVとISSのドッキング

先日、日本の新型ロケット、H-2Bで打ち上げられた宇宙ステーション補給機HTVが
国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしますね。

Author: mandokuse1234 Keywords: JAXA H-IIB H2B ロケット HTV 宇宙ステーション補給機 ISS 国際宇宙ステーション HD Added: September 14, 2009


公式の打ち上げ動画もいいけど、アマチュアの方が撮影された動画が美しい・・・。
H-2Bは、wikiに詳しいですが、H-2AのエンジンLE-7を2機搭載した
大型ロケットです。
エンジンの新開発をしないことで、H-2Bの開発コストは安く押さえられたわけ
ですが、しかし、2つ積んだら積んだで、制御やら振動対策で大変なことになり、
第1号機の打ち上げが成功したのは、やはり関係者の努力の賜物なんですなぁ。

そもそもこのLE-7。
燃料に液体水素、酸化剤に液体酸素を使う液酸液水型としては大型で、制御の
難しい2段燃焼サイクル(エンジン自体を軽量化できる)を採用しながら短期間
で完成にこぎつけたモノ。

それが、近くに迫ったスペースシャトルの退役以後、ISSへの物資輸送の主力の
ひとつとして運用されていくのだから関係者は感無量だと思います。

しかも開発費がヨーロッパのアリアンシリーズ約1兆500億円に対して、4300億円
(H-2Bだけだと409億)。一方でペイロードはアリアン10tに対して、H-2Bが8t。
素晴らしい。

※このあたりは大雑把に書いてるので、詳しくは公式やwiki参照(^^;)

一方の宇宙ステーション補給機HTV
無人でISSの近くを通って、ISSに設置したロボットアームで捕まえてもらう、
新方式。こちらもハード、ソフトともに日本製ですが、当初はNASAも技術的に
困難と難色をしめした程。
ISSの補給物資はもちろんですが、将来の有人飛行に備え、普段着で乗れる
モジュールがあるとのこと。

宇宙開発というと、何千億円という数字がぽんぽん出てくるので、えてして無駄と
言われることもあるけど、新素材や新薬の開発や、エネルギー問題に対応するための
将来への投資。
そうでなくても、気象衛星や温室効果ガス観測衛星などを自前で打ち上げられる
のは、物凄いメリットだと思うんだよなぁ。

しょーもない投機で大損こくより、ずっと建設的ですよね。

なんでも、現与党にはは、「打ち上げ事業不要」と発言した議員がおられたとか
で不安になるが、早まったマネはしないよう、お願いしたいもの。

Author: jaxachannel Keywords: JAXA 宇宙ステーション補給機 HTV 国際宇宙ステーション ISS Added: September 1, 2009


しかしなんだ、「現与党を名付けるとしたら何政権?」というニュースをyahooで
見かけたけど、それぞれが良いと思った政策を集めた結果、相反した政策が平気で
並んでいる
ところを見ると、

闇鍋政権

としか言い様がない気がする(笑)。
美味しくなるといいね・・・・・。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[雑記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/224-da161584
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。