同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
侍戦隊シンケンジャー感想 第二十四幕『真侍合体』

うーん、戦力として壁に当たってしまってなかなか乗り越えられない
流之介たちが歯がゆいっ(笑)!
しかし、まぁ、戦隊物じゃ例年こういう時があるし、我慢のしどころか?
昨年のゴーオンジャーもウィングス登場がしてから数話はこんな感じだったし・・。

ちなみにゴーオンだと去年の今頃はモロにスプラッシュスターパロディみたい
だったGP-24「最初ノエガオ」が8月3日、ヒラメキメデスの死後、新幹部か?
と思わせたアレルンブラ家が出てきたGP-25「母上(オカン)サヨナラ」が8月
10日という感じでしたなぁ。
ここらからクライマックスまで毎回毎回バラエティに富んだエピソードで楽しめ
ましたね。(「え、またオモチャ出すの!?」と思いつつw)

閑話休題

今回は、外道集側ではドウコクと十臓、太夫の関係が動きはじめ、シンケン
ジャー側・・・と言うより、丈留視点で見ると十臓の決着に向けての道筋が
できた感じですね。

「ただ、おまえも どこかイビツだからかもしれないな 」

何故、自分と戦いたがるのか、という丈留の問いに十臓はこう答えました。

丈留並みの腕ならば、以前三つ巴の戦いを演じたウシロブシや源太がいる訳で、
それでも彼らでは無くて、十臓が丈留だけに拘る理由は、自分に似たものを感じる
からでした。
快楽の為に殺人を続けた十臓と、感情を超えたところで自分の命すら捨てる丈留。
どちらも人として持ちうる感情を「切除」した人格と言えるかもしれません。

でも、案外、「イビツ」になり切れてないのは十臓って感じですね。
十臓もテンゲン寺はかなり意識してましたし、丈留が墓のことを指摘した時の

「悔いるとすれば・・・落ちても癒えない、この飢えだなぁ・・・!」

という台詞のイントネーションが、十臓にしてはかなり異常ですし。
癒えないのはホントに「飢え」なんですかね・・・?

むしろ、別の後悔を吐き出さないように無理に力強く「飢え」と言い張ったような
感じがしますけどね。
薄皮太夫が未練を持ってたり何かと動揺してたりするのを見てると、十臓もそうした
感情は保ってるのでは、と思います。
そうだとしたら、何モノにも挫けることなく正義のイビツやってる(笑)丈留に感
心を示すのも判る気がしますね。

そこいくとドウコクはやっぱり、あれはあれで満ち足りてるキャラクタですよね。
粗暴な人格ですが、裏切ったシタリを許す一方、太夫を十臓の討伐に向かわせた
り、それなんてBL・・・・じゃなくて(笑)、荒っぽいアヤカシ連中の気性に
あった統率の仕方をしてるみたいだもんなぁ。
あんな風に言われたら、太夫は十臓を助けた事を見逃してもらってた負い目を意
識せざるを得ないし、今しがた謀反を許されたシタリだって身につまされるとい
うモノですよ。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[侍戦隊シンケンジャー]  thema:侍戦隊 シンケンジャー - genre:アニメ・コミック
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/209-3269e6ee
trackback
全ての折神の力を合わせる事が出来るというダイカイシンケンオー。 かつての印籠開発時には存在していなかった海老ちゃんがメインのパーツ...
| 『真・南海大決戦』 | 2009.08.13 01:16 |
「侍戦隊シンケンジャー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松坂桃李、相葉弘樹、高梨臨、鈴木勝吾、森田涼花、伊吹吾郎、他 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい...
| アニメレビュー トラックバックセンター | 2009.08.13 15:43 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。