同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
侍戦隊シンケンジャー感想まとめ2:第十九~二十一幕

【 第十九幕『侍心手習中』】

突然現われた、殿の幼馴染と、立ち位置立場を追われそうになった流之介が
衝突するというお話。

それなんてラブコメ?
海外のサイトでもこの話を見た感想で「なに、yaoi,hujyosiモード?」とか
書かれてましたw

新しい折紙“海老折神”を作り上げてしまった源太。スペック高すぎです。
海老折神を開発中の映像で一瞬イケメンに戻る源太。

いかに日ごろの顔芸が秀でているかが伺えます。

流之介の元祖ウザキャラの立場がピンチだ!

しかし、登場時に「キャラ被るんじゃ?」と言われた2人を早速組み合わせて
話を作るところは心憎いですね。

違いを明確に出来るし、従来キャラが薄くなることも避けられる。

早くフレッシュさんでも、せっちゃんと美希たんが激突する話を作るべき
なんだ。

【 第二十幕『海老折神変化』】

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな というお話(笑)

菜子姐は美翔さん髪だし、ことはのカッコがブッキーみたいだし、朝からおなか一杯です。

(火) < どうでもいい。

今回のアヤカシはウタカサネ。
ことはを含めて54人の魂を奪い、三途の川にもどってしまう。

魂を奪われた人間は1日で命を落とす。

「死ぬほうと死なれるほう・・どっちが苦しいのかな・・・?」

外道です。

三途の川から出てこないウタカサネに対し、「外道に堕ちれば生きたまま
三途の川に行ける・・・およそ人の道から外れたことをして」と、そそのかす
不破十臓。
しかし、ここあたりから話が微妙な気が・・・言葉や描写は素晴らしいんだけど、
そもそも「人の道を外れたこと」って?

丈留達は外道に落ちる事を決意してたみたいだけど、54人を救うために例えば
200人殺害とかは何か違う・・・・。

しかも、なにかよくわからない理論で源ちゃんが全て解決しちゃうし(^^;)。

バトルは、ウタカサネの百体分離攻撃がなかなか自然な合成で感心したのと、
海老ちゃんの鳴き声が躁演系のウルトラ怪獣みたいでよかったですな。

変形後、ガレキをばらまきながらのバトルはディケイド映画でもやるみたいですが、
今夏の新技術しょうか(笑)。

そして、いよいよディケイドとのクロスオーバーがっ。


【 第二十一幕『親子熊』】

ディケイド24話と25話の間のお話。

冒頭はシンケンジャー二十幕で大樹に奪われたイカ折神を探す源太と
ディケイドの24話最後でディエンドに変身したチノマナコが生み出した
ナナシ連中と戦うシンケンジャー。

アヤカシがいないことを不審に思い、捜索を続ける事にした面々。

菜子と行動をともにしていた千明が少し涼む事を提案。
菜子のダメンズセンサーが久々に反応し、喫茶店に。

というか、あのお屋敷にはクーラーがないのね(笑)

千明パパの飄々とした演技が素晴らしかったですね。
父親に対してあきれ気味だった千明ですが、侍になって家から離れ、修行を
積んだことで、父親の強さを再認識してました。

「ねえさん、強くなると、もっと強いのが見えるんだな」

一度体験してから見直してみると、ああ、あの人は凄かったんだなぁ・・・
時がありますね(笑)
映像的にも少年漫画的表現が千明、よく似合います。
全然イヤミっぽくないですし。

そしてこのお話はディケイド25話に。
巨大戦を見上げる夏海。丈留をそそのかす鳴滝。
そして出会う、丈留と士。

既に見終わりましたけど、
いやー、見ごたえありましたねぇ。
ソフト化するときは、通常のDVD(というより、BlueRayで出して欲しいだが)
の他に、シンケンの二十一、二十二幕とディケイドの24、25話を時系列に
並べた特装版も出して欲しいですね。
ディレクターズカットになってたりすると嬉しい・・・・・・・・・です
が、特装版とディレクターズカット版を別に発売するような事はしなくて
イイ
です(笑)

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[侍戦隊シンケンジャー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/200-26e79e74
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。