同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
仮面ライダーキバ1話をやっと見た
ゆり&キバ


夕飯食べながらやっと仮面ライダーキバとプリキュア5gogoを見た。
どっちもバラ絡みとあって、夏木さんちも繁盛しそうで結構なことです(笑)
既に放送開始日から日数が経っていて、とっくの昔にあちこちで感想があがっているので、見てますよ、という程度の意味合いでさらっと感想を。
とりあえず、今エントリはキバ。

以前のエントリにも書いたとおり、ちょっと苦手な井上脚本。とはいえ、完全にダメというわけではなく、毎回、割と前半は付いていける事が多いし、楽しめたりする。
後半はいつも置いてけぼり食らってますが(笑)
まぁ電王が映画の2作目が作られるほど人気番組になって、後番組は井上氏っていうのは仕方が無いというか、コレしかないって気がしないでもない。
どんな作品でも比較されてある程度批判は出るだろうから、どうせ出るなら常に作風を貫き通せる馬力があって、もともとファン層のある井上氏をっつーのは判りやすい話だ。
(※後番がどんな作品でもって高寺氏復帰作!なんてファンタジーだったら私ゃ大喜びですけどねw)

それはともかく、井上脚本で毎回気になっている事があって、この方の脚本の台詞って、文節ごとに区切って話すというか、流暢さに欠ける感じがあるのは何でだろう。
1話冒頭でも、
「貴様/何者だ」
「神は/過ちを犯した/お前のような」
と、いちいち「/」が入っているようなしゃべり方をする。
役者が不慣れでアレだから、ってこともあるかもしれないけど、それにしても、例えば戦隊に出演する新人俳優の不慣れとは違う感じがするし、役者問わずこういう傾向が出ているように思える。役者の滑舌があまり良くないような時に、聞き取りやすいようにこういう指示でもしてるのだろうか?
思い違いのような気もするけど、井上脚本というと、こういう喋りをする人がレギュラーに出てくるという印象がある。各シーンの間が悪くなるから好ましいとは言えないのだけど。

どこがサラっとか判らなくなってきたので、第1話の感想を箇条書きで。
・バンパイアモチーフとあってか、洋館の中、バラの花びらが舞い散るド耽美なOPはなかなか。
・革パン参上!
・ガリアンみたいな蛇腹剣は長所と短所がハッキリしているので、ちゃんと演出に
 生かして楽しませてほしいな(^^) 
・股上の丈が長いと時代を感じる・・けど、そういうのがまた流行りそうとかなんとか。
・“この世アレルギー”は早速賞味期限が切れそう。
・キバット三世は聞いてたよりは個性を発揮していたと思う(あくまで日常会話の水準で)
・過去と現代の切り替えの時のアイキャッチ(?)が速くすぎて切り替わった感覚に乏しい。
 皿に書かれた年数で表現してたりしてたけど、懲りすぎと言うか企画倒れと言うか。
・戦闘シーンはクウガっぽい、取っ組み合い(結構意外)。全体的な長さも良い感じ。
・キックカッコイイです。

まぁそんなところで。今週は出張だわ・・・。
スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダーキバ]  thema:仮面ライダーキバ - genre:アニメ・コミック
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/18-ce15ecb3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。