同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
実写版ヤッターマン見て来ましたよ

ココのところ見に行った映画といえば東映作品で、だいたい、子供向けに
上映時間が短かったので、ヤッターマンを見て

「ああ、上映時間(と予算)に余裕のある映画っていいなぁ」

とか思ってしまった(笑)

でも、始まって1時間ぐらいで、子供をトイレに連れていく若い奥さんの
オチリが右行ったり左行ったりしてたので、まったく東映の考える上映時間は
正しいよね。
今度からライダーやプリキュアさんの上映時間を長めに取ってみてはどうかと。

それにしても、ヤッターマン人気あるなぁ。
3月7日に公開開始して4月半ばで観客動員数250万を突破したって
公式サイト
に書いてありますし、今回行った行くシネコンでは、流石に小さいス
クリーン(122席)に移動されたとは言え、席を8割がた埋めてる感じでしたから。

しかし、この映画は、

「ヤッターマンの世界観を実現して、面白かったと言って貰えればそれで良く、
見た後の感動だの余韻だの、そんなもん1つも残さないぞ」

と、そういう決意みなぎる映画でしたね(笑)。

笑いどころを大人向けと子供向けにそれぞれ用意してあって、ちゃんとそこで笑い
声が起きてたし、狙い通りという感じがしますねー。

本編は渋谷ハッチ公前でのバトルで始まって、クライマックスまで合計3回。
ドロンボーのインチキ商売も2回出てきて、飽きさせない構成。

デザイン発表時にはちょっとディティールに懲りすぎでは?と思っていた
衣装やヤッターメカですが、背景に収まってみるとちょうどいい感じでした。

単体で見ると肩幅が狭すぎるヤッターワンも、バストアップで撮ったときに
ヤッターマン2人が肩につかまると画面にピッタリ収るサイズなんですね。へぇ。

ETC刺して高速道路に乗るヤッターワンはカッコいいぜ(笑)

キャストについては、ボヤッキー:生瀬勝久とトンズラー:ケンドーコバヤシが
オリジナル視聴世代のせいもあってか、出色。

表情や喋りがそっくりすぎる・・・・というか、板についてるという感じでしたね。
この2人はもう何回もこの役をやってるような雰囲気。
(ケンコバの「ボヤやん!」というボヤッキーに対する呼び方が良いw)


で、以前、ayumieさんも書いてましたけど、つけ鼻や、出べそ型のベルトといっ
た衣装アレンジが効いてますね。

無理に特殊メイクでアニメと同じにしても無理があるし、かといって、素顔のまま
ではコミカルな演技が空回りしてたかもしれないですし。

深 田恭子のドロンジョファッションも似合ってました。
このドロンジョはアニメ版みたいな迫力はありませんでしたが、将来の夢(何故か
3丁目テイスト)を語ってるのを見てるうちに、これはこれでアリかと思いました。

ヤッターマン2人はアニメイメージを阻害しない感じで・・・。名乗りでもう
ちょっと張りのある声だと良かったですけど。ガンちゃんがプチ外道なところは
平成版に通じるものがありますね(笑)

乗り手に厳しいヤッターメカにしがみ付いて、眠気覚ましに雄たけび上げてる
シーン笑ったw

難点あげるとCGが使える事でアニメ寄りに過ぎたカットが散見されること…
それが意図的にヤッターマンぽくしてのでなくて、単にアニメに影響を受けた
人がそのままやっちゃってるような所があるんですよね。

あと、クライマックスでのドクロベェが・・・なんでああいう風にしちゃうんで
しょうね。90年代のB(c)級洋画によくあったような、ちょっと古めかしい表現
だったと思いますが~。

オリジナル声優陣(平成版)とオリジナルに準拠したBGMに釣られた感じも
少ししますが、予告編にあったパート2が公開されたら見に行くと思います。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[雑記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/176-ed1d817e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。