同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
仮面ライダー ディケイド 感想 第14話「超・電王ビギニング」

S.H.FiguartsのNEW電王は心底買って良かったと思う。出来がエエ。

しかし、どさくさ紛れに『士vs夏みかん』を実現してしまうとは・・・w

シンケンジャーのトコでちょっと書きましたが、放送当日はリアルタイムで
ニチアサ見てて、シンケンジャーの3つ巴バトルに感心した余韻醒めないまま
見てしまったのと、
ディケイドで思い入れのあるライダーが出てきたときにありがちなんですが、
初見の人が楽しめてるのかなぁ、というコトばっかり気になったのが重なって
素直に見られなかったです(笑)

その後、ayumieさんとやりとりがあって、楽しめた、と仰られていたので、
「おお、ちゃんと楽しめる要素のある番組になってたのね」と安心してその晩
見返しました。

面白かったです(笑)。

なんとなく、第1話の再現のような印象を受けました。

それより、この私のこういう、主体性の無さを誰か何とかしてくれいっ(笑)

今回の電王編は、今までのシリーズとは趣が異なっていて、主人公たる
“リョウタロウ”がいないことと、サブキャラ郡が原典版と同一設定かつ
キャストも同じという、(ディケイド的には)異色作。

夏みかんをナンパした男は尾崎っぽかったですが。
産地直送って・・・・w

基本的に原典版の電王と、昨日から公開になった映画「超電王」と地続きになっ
ていて原典と何も変わってない」とも言えるのですが、一方で、クウガ編以来と
なる崩壊現象が起きたり、夏みかんが、


「もう、この世界は・・・・終わってるですね・・・」と言ってたりする
んですよね。鳴滝が「崩壊するぞ」と言うのは、いつものことなんですがw。

その後も「間に合いませんでした」や、デンライナー オーナーの「何か大変な
事が起きているようです。ディケイドの世界にも、電王の世界にも」という言葉
があるように、この電王編がディケイドにとっても何かしら転機になるのではない
か、と思います(メインライター交代の事じゃないよ(^^;))。

電王側から見ると、サブタイトルが「超・電王ビギニング」とあるように、
劇場シリーズとなるらしい「超電王」のプロローグ編となるようです。
時系列的に、映画は明日の「超モモタロス」の後のようですが。

インタビュー本によれば、「超・電王」はディケイドから入ってきた人が、
TVシリーズの電王を見ずに入ってきても楽しめるシリーズにしたい、という
意向があるようです。

映画の前に放送されるディケイドで何をするか、と考えた時に、ひとつひとつ
やると時間が掛かってしまう。「イマジンに憑かれるとどうなるのか」
「それぞれ変身した場合はどうなるのか」というコトを最初にまとめてやって
おきたかった、という事なのかもしれません。

それを通して、ディケイド劇中では「電王」というライダーの「仕組み」の面白
さを前面に出してきたと言いますか。

それにしても、今回は、「電王を見ていて、ディケイドも気に入ってる」ファン層
の中で賛否両論で、そもそも「いつもどおりの電王世界だった」という事自体が
受け取り方が様々。

否定的に捉えるのも判らないでもないです、他作ライダーが結構見事にアレンジ
されているのを見て、楽しみになってしまっていると、

「電王はどうアレンジされてるんだろう?」

というディケイドならでの面白さを(原典視聴者にしてみれば)期待することが
出来なくなってますし、主人公良太郎に相当するキャラクタが不在の展開で、
4イマジンのうち特にモモタロス(赤)が糸の切れた凧のように暴走気味になっ
てるのを見て、ファンとしては

「違うんです、このコは普段・・・も、まぁ、だいたいこんな感じです
 けど、こんな時ばっかりじゃないんです」

と一言言いたくなるもの(笑)

要するに、他のライダーがキャラクターを減らしてでも重要な部分を残し
さらに「アレンジの面白さ」を足しているのに対し、ディケイド版の電王は
重要な部分(バディ物としての面白さ)を削っていると言える訳ですね。

ただ、モモタロスは、実体化してたときの姿をよく憶えてない、とか
「俺は・・・俺を失くしちまった・・・」と言うくだりを見てると
意図して削ったように思いますが。

映画のほうでは、そういう面が描けてましたし。

個人的には、横でイマジンと鬼が出てきてるのに、ライダーバトルにいそしんで
しまうディケイドと電王はどちらも「らしく」なかった事は気になりますが・・。

あの場面で鬼とイマジンが同時に出てきたのは意味があるんですかねぇ?
特にイマジン側の動きが不可解でしたが。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:0
[仮面ライダー電王
comment
ディケイドはディケイドであってほしい気も
こんちはー!

電王編もそれなりに面白かったですよ。
ただTJさんも黒森さんも触れていますけれど、これまでのディケイドのフォーマットを崩しているところは初見の私も「あれ?」と思いましたけれど。

なんつーか、なんで電王だけフォーマット崩したのか明確な理由がほしい気がしますね。これで映画の宣伝だからという理由だったら、ちょいとブン投げたくなる気持ちが生じてしまうのも仕方が無いですね(ん)
2009/05/05 06:43 | | edit posted by ayumie
どうもです~。

個人的には面白く見たんですけど、「こういう点が不
評になる要素かな?」と思って書いてみました。

後編のほうは、また後で書きますけど、「モモタロス
が自分を取り戻す」というメインテーマの印象が
薄くなってしまってると思うんですよね。

映画、結構良かったですよ。
子供向けギャグが2箇所ほどひっかかりましたけど(笑)

2009/05/05 14:09 | | edit posted by 黒森コウ
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/173-0ab1db82
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。