同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
仮面ライダー ディケイド 感想 第10~13話

【555編】
 10話『ファイズ学園の怪盗』
 11話『555つの顔、1つの宝』

原典放送前のTV BROSで初めて見て、ギョッとしたこのデザインも
今ではむしろカッコいい系に思えてしまう(笑)

実は555は本放送中の9月ぐらいで視聴をリタイヤしてたので、
私的にリベンジマッチという感じですか。

大企業スマートブレインを、まさかの高校へのアレンジ。
そしてラッキークローバーは学園の超エリート&アイドルという、
なんだか『もて王サーガ』のような設定(そっち?)。

ディケイド版のタクミは、正体はオルフェノクという点は同じだけど、
原典とは異なって、気弱でドジで一途な少年。

そんなタクミと、由里のジュヴナイルなお話になってしまったw

いつもながらの、好アレンジ。
とは言え、クラスメートを助けたのに、恐れられているタクミの前途は
多難みたいでしたが・・・・。

日曜の朝から異形の花々(小説版)展開にならなくてヨカッタ(ぉ)。

参考
ディケイドまとめwiki:10話11話


なんでG3-X買わなかったんだろ。当時。

【アギト編編】
 12話『再会 プロジェクト・アギト』
 13話『覚醒 魂のトルネード』

ああ・・凄いアレンジです。

クウガの続編と言われて始まった原典アギトは、初期こそ『未確認生命体』
『4号』といったクウガ用語が出てきたものの、回想シーンや、アギト内での
過去の事件の日付がクウガの時代と重なったりで割と早いうちからクウガの続
編であることを放棄したような展開になってたのですね。

一説には、クウガの主人公達に思い入れの深かったクウガスタッフが続編として
は作らないで欲しい、と申し入れた、という説もありますが・・・。

いずれにしろ、現在では、「クウガ」世界と「アギト」世界はよく似た別の
世界という事に。

そういった事情をお話に取り込み、ミシングリンク(ちょっと違うか)として
ユウスケが想いを寄せていた八代を置くとは。

八代役の佐藤さんの演技も、一条薫っぽかったクウガの世界の「八代藍」に
対して、アギトの世界の「八代淘子」は原典アギトの小沢澄子を髣髴とさせる
演技に切り変わっててお見事でした。欲を言えば、
「GM01アクティブ!」って言って欲しかったなあ~w
※原典でG3は装着者+オペレーター+指揮者の3名で構成されるチームで、
 ディケイド版の八代淘子にあたる小沢瞳子が武器の使用許可を出すときに
 こう言っててやたらとかっこよかったんですね。
 指揮の内容は理屈なしで力押しでしたが・・・・・(^^;)

13話で満を持して登場したアギトは今見るとなかなかカッコイイですね。
クウガと並んで欲しかった、という意見も散見されてて、私もそう思うのですが、
それはクライマックス付近であるかもしれないし、むしろG3-Xとの並びがレア
になってしまうのかも。

あーでも、G3-Xとイクサが並ぶところは見てみたいな。
第1話の「ライダー大戦」では、ディケイド本編で未登場の2号以降のライダー
が出てきてたから、今後に期待したいところです。

原典アギトの映画「プロジェクトG4」に出てきたクィーンアントロードが
出てきたのは個人的に嬉しい点でした。
正直、アギトのTVシリーズは苦手だったのですが、映画はかなり好みで、この
怪人も当時としては顔面部の造形が人間に近くかったのが印象的で、好きな怪人
でした。

参考
ディケイドまとめwiki:12話13話

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:1
[仮面ライダー ディケイド
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/170-65289089
trackback
TB失礼します^^12話の動画アップしました!よかったら見に来てください!
| ディケイドの【動画・映画】FFR,ディエンド,超・電王 | 2009.05.26 16:43 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。