同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
仮面ライダー ディケイド 感想 第7~9話

ファイズの写真素材を買いに行かなきゃーとか思っているうちに、
だいぶ空いてしまいました。2話ごとのストーリーは展開が速くていいのですが、
龍騎が随分以前の話に思えてしまい増すねぇ・・・。
そういえば、ディケイドまとめwikiがあったんですね。
出典が複数だったりややこしいので、リンク貼ってみました。

【龍騎 後編】
 7話『超トリックの真犯人』

うーん、「ライダー裁判」というのは変わってて良かったと思うんですけど、
番組中の面白さに繋がらなかった感じがしますねー。

結局、物語のキーを握っていたレンが、裁判そっちのけで動いてましたし。

龍騎らしさ、という意味ではシンジとレンの主人公2人が闘わざるを得ない
悲劇性、というのがひとつの主軸だったと思いますが、原典が「ライダーバトルの
ルール」と、首謀者「神崎士郎」の理不尽なまでの煽り、という外部的要因に
あったのに対し、ディケイド版ではレンの秘密主義と、シンジの誤解(と言っては
かわいそうですが)が理由になっていたので、単純にレンが周囲を振り回している
ように見えてしまいました。

とは言え、ディケイドとアビスのバトルの背景で、ドラグレッダーと化した
ディケイドとアビスのミラーモンスターが闘っているスペクタル感と、
ディケイドの必殺技が龍騎のキックを模したものであることや、
真犯人の鎌田の正体がブレイド世界のパラドキサアンデッドだったり、
タイムベントの効果ほったらかしでユウスケのせっかくのセリフがキャンセル
になってしまったりと、クライマックス以降はなかなか楽しかったです。

参考:ディケイドまとめwiki:7話


【ブレイド編】
 8話『ブレイド食堂いらっしゃいませ』
 9話『ブレイドブレード』

実は、ブレイドは見てなかったので、このディケイド版が初見だったの
ですが、面白かったです。
原典ファンには付表だったみたいですけど・・・・。
え、見てなかった理由ですか?

えー
あー
まぁその。

前作の後半展開に乗り切れなかったといいますか。
オマケに、戦隊のアバレキラー・・・というか、リジェにも負けたと
言いますか。

あの時、女児物は見てなかったんですが、ローズマリーさんが大活躍
してたという、いわば、混迷の時代。

ぼやぼやしてたもんで、うしろからバッサリですよ。

どっちもどっちも。

ふう。


しかしアレね。
アレを楽しめる程度に、もう少しオトナになって見るべきだったのかも
しれないですね。昔の私。

・・・・けど、

受け止められない

そんな

心境

だった

のかも

なぁ。

ブレイドの話に戻しますが、個人的に楽しめたのは、前回の龍騎編が上で書いた
通りせっかくのライダー裁判を生かしきれてない・・・というより、ライダー裁判
自体をお話の視野から外してるのに対し、ブレイドはマンガチックとはいえ、
BOARDという会社のルールにそって登場人物が動いてたからじゃないかと思います。

まぁ、ディケイドみたいな短編構成で、その世界の特異な社会制度を主軸に据えな
くてはいけないのか、といえば必ずしもそうではないですけど、ライダー裁判は
キャッチーだったので、ああいう展開だとちょっと肩透かしされた感じもありまし
たし。

ただ、社内の競争に敗れたカズマが、
「あいつらがいたから、頑張れた」
と言って、あえてサクヤとムツキを助けに行ったことから、

士が「この男が戦うのは金のためではない!」
と言うのはいいとして、「進化」と言う言葉には繋がらないですよね。

あと、サキャとムツキを助けに行ったユウスケが、あの場面で変身しないのは
不自然だと思います。

予算やスケジュールの兼ね合いで変身できないなら、「変身!」の掛け声と
効果音を入れるだけで、かなり違うんですけどね。
(欲が出て「だったら変身場面いれろよ!」と言ってるかもしれませんがww)

参考
ディケイドまとめwiki:8話9話

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダー ディケイド
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/169-c379a3cb
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。