同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
炎神戦隊ゴーオンジャー 感想 最終回「正義ノロード」


これはPRoject.Rの皆さんのサイン♪

なかなかエントリに挙げられなかったゴーオンジャーですが(^^;)
なんだかんだ言って特歌祭4やProject.Rのライブやゴーオンvsゲキレン映画に
行ってみたりと例年よりもお金突っ込みましたねぇw

2008年のニチアサで一番好きな番組でしたよ。

総括はまた、去年みたいなカタチでやってみたいと思うのですが、とにかく最終回。
基本的に、48話「正義カイサン」、49話「最終決戦」でクライマックスでやる
ことを、ほとんど済ませてしまったので(^^;)

残るはデウスハグルマギアの破壊とヨゴシマクリタインを倒すこと。

番組が始まって、アバン。

「あいつ、さっきより、強くなってるっす!」 
「強ければ強いほど、やる気出る出る!」 
「一度でダメなら、何度でも決めるだけさ!」

第1話で、ショクキャクバンキを前にして叫んだ、3人の言葉の再現。

ホントにゴーオンジャーって番組はこういう構成が上手いというか。
「自分ら勢いだけですから」みたいなフリしといて、器用なことも
するんですよね。

1話セリフの再現は、ありがちと言えばありがちですけど、ゴーオンで
そんな事すると思わないじゃんw

そして、

同期のプリキュアさんより息の合った連携プレーと
同期のプリキュアさんより優れた知能プレーと
同期のプリキュアさんよりスポンサー孝行な商品駆使により、

デウスハグルマギアを、番組開始2分で破壊!
主題歌はこの後すぐ!!
あたし完璧!!!

そして、再度終結する、ゴーオンジャーとゴーオンウィングス。

うー、ここらへんは時間とって緩急つけた演出をして欲しかったところ
ですが・・・・しかし、時間的な制約もさることながら、もう一回やってます
からねぇ。

というか、最終回話何回もやってる、前代未聞の戦隊だし、こういう早い展開も
ゴーオンらしいかも?

ヨゴシマクリタインを前に一度地に伏すゴーオンジャーたち。
この後のメット無し変身から名乗ってバトルが良かったですね。

ゴーオンジャーの「メットオン」設定がよく生かされてます。

そして、炎神合体。エンジンオーG12。
G12グランプリが命中するも、復活してしまうヨゴシマクリタイン

だが、最後の最後で何の脈絡もなくエンジンオーG12ファイナルグランプリWW

ああ・・・・これだ・・・これだよ!!
器用だな、なんて思わせといて、こういう
「お約束だからいいんじゃね?」みたいな
シーンを悪びれずに入れてしまう。

これこそゴーオンクオリティ。

しかし、一言言わせていただければ。

それは戦隊のお約束ではなくて、
プリキュアさんのお約束だ。
ゴーオンスタッフよ(笑)

ヨゴシマクリタインを倒した後は、訪れた炎神達との別れと、数ヵ月後、
その後の走輔たち。

この「その後」のシーンで、ガイアーク3大臣の中の人が顔出し演出してたのは
良かったですね。例年だと、戦隊のスーツアクターと主人公達が顔合わせしてた
りします。

元ガイアークの3人の名前は

美空警部補:害気大臣キタネイダス
清水奈央 :害水大臣ケガレシア
浄土頭取 :害地大臣ヨゴシュタイン

との事で、皆さんキレイになってしまって(^^;)

ただ、他所のblog様でも言われてますけど、最後にスピードルが出てくるシーンは・・・。

せっかく夢を追う人生に戻った走輔たちが戦いに連れ出されるのは残念といえば
残念。

特に、全員ではなくても炎神声優たちも顔出ししてますし。
生死に関わらず、退場していったキャラたちの“中の人”が顔出しってのは、
大げさなこと言えば転生だし、ゴーオン的に言えば最終回以後はヒューマン
ワールドだけで人間関係が完成してしまう印象がありますよね。

だから、そこでスピードルが戻ってくると、キャラ的に「ダブり」になってしまうし、
さらに戦いに復帰するとなると、息の合った掛け合いを見せていた走輔とカートの
メカニックの人間関係を壊す事になるのはちょっと違和感があります。

「ふたりはプリキュアSplashStar」の最終回のように、“走輔のレース復帰戦に
スピードルたちが普通に観戦しにくる”みたいな感じなら、最終回以後の走輔たちの
人間関係が壊れないので、違和感も少なかったんじゃないかと思いますが。

まぁ、「顔出し演出」は遊びの部分なのは判ってますし、こういうところを
突っ込まないのもゴーオン流だし、面白がってみてましたけど、
違和感を感じるとしたら、こういうコトかも、という事で(^^;)

ゴーオンジャーは戦隊側のキャラの人数が多いので、Bパートが別れと後日談で
占められるとは思ってましたけど、戦闘がやけにあっさり終わってしまったので
初見では物足りなさがありました。ゴロちゃん出てこないし・・ブツブツ。

48話、49話が凄い盛り上がりでしたからねぇ。
しかし、49、最終回と連続で見たら良い流れのクライマックスだったので、
48~最終回は1つのものとして捉えたほうが良さそうですね。

シリーズ的にはなかなかの最終回だったと思います。

炎神戦隊ゴーオンジャー

感想は飛び飛びでしたが、1年間本当に楽しませてもらいました。
関係者の方々はもとより、一緒に盛り上がったファンの皆様も含めて感謝しますm(_ _)m

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[炎神戦隊ゴーオンジャー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/151-a55643ed
trackback
なんてこった・・・キタネイダス!・・ケガレシア! 『全ては未来のために』 一体全体この愛すべきお笑い大臣たち、最後は必ず和解エンドだと信じてきたのに・・。 いかん、涙腺が・・ユルユルッす。 害水大臣・害気大臣といえども使い捨てのコマとして、自らの防...
| 現実逃避 | 2009.02.22 09:08 |
そ、そんな…バカな…! き… 黄色がセンターに並んでいる…だと!? 最後の最後…遂に伝説を塗り替えちまったぜ、ゴーオンジャー!!...
| 『真・南海大決戦』 | 2009.02.22 14:21 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。