同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
仮面ライダー ディケイド 感想 第3話:「超絶」

しかし、ディケイドでクウガが復活して

同時期に放送されていた「未来戦隊タイムレンジャー」を手がけていた
小林靖子さんが今「侍戦隊シンケンジャー」を担当するとは。

冒頭からキックホッパー、パンチホッパーに襲われるディケイドとクウガ。
動きの早いパンチホッパーに対して「超変身!」して挑むクウガの図とか、
かなりシビレますなぁ。

ディケイドの活躍でw、ザギバス(最後の)ゲゲル(ゲーム)は阻止され、
「クウガの世界」での士達の使命は終わり・・・・と思いきや、士達の世界でも
起きた「滅びの現象」が発生。

目覚めない筈のグロンギの王「ン・ガミオ・ゼダ」が復活。
ヨソのblog様を見てると、このガミオは、諸般の事情で実現されることが無かった
原典クウガの映画版に出てくるボスキャラとされてたようで、TVシリーズにも
伏線があったみたいですね。そうか、あの布かぁ・・・。

っていうか、うかつにググると、先々のネタバレが結構あって怖いわぁ・・w

目覚めない筈の自分が目覚めた事に疑問を持ちながら、『究極の闇』をはじめるガミオ。
原典クウガのTVシリーズに出てきたグロンギの王「ン・ダグバ・ゼバ」の
『究極の闇』が人類(リント)とグロンギ双方に対する殲滅であるのに対し、
ガミオの『究極の闇』は人間をグロンギ化するというもの。

で、このガミオの設定が、原典クウガでも設定されてたとしたらの話なんですが、
今にして思えば、ダグバの『究極の闇』は、例えば核兵器のように瞬間的に大量の
生命を奪うものではなかったので、ダグバによって減らされたグロンギはガミオに
よって補填されるという事なのかも。
その場合、ガミオを復活させるゲゲルを行うグロンギを阻止する役はダグバだった
のかも。「ガミオのゲゲルを行う専門のグロンギ集団」とかいたりしてね。

ディケイドに話を戻すと、

ガミオの性格は、無邪気な破壊者だったダグバとは違い、思慮深い性格のようで、
いくつか意味深な事を言ってますよね。
そもそもリントが好戦的であることに絶望してた一方、グロンギ化する連鎖も
断ち切りたかったみたいですし。

士に対しても「おまえはリントでもクウガでもない」
・・・・?
それは、単に士が別世界から来たことを言ってるのか、それとも。

一方のユウスケは病室で八代への想いを吐露する。

このシーンはほんとに良かったですね。
別れ際の
「・・・命令かよ」
「・・・命令よ」
というやりとりにも、かつて「命令」で葛藤した時期があったんだろうなぁ、と、
八代とユウスケが出会ってからの時間の経過を感じさるし、あえて「命令」をする/受ける
の関係に突き放すことで、2人とも「別れ」への覚悟を決めたような雰囲気もあります。

ついでに言うと、このあたりの、ユウスケの八代への態度を見ると、2話で夏みかんに
対し「何故わかる・・・あんたも誰かを心配してるからか・・?」と言って肩を
落としたのもよく判りますよね。
だって、ユウスケ自身も八代の事を心配してたんだから。

う、うわわ、いいなぁこういう、感情の流れの、辻褄感。

こういうドラマを待ってたんだよ、僕ぁ!!!!    ←(笑)

んで、その後のゴウラム大変身ですが(笑)

ひどいよ、ディケイドさん、ひどいよwwwww

あの、これ放送前にヨドバシ店頭でオモチャを見てたんですけど、展示が
中途半端で、クウガとゴウラムが合体してるように見えたんですね。で、

「うわー、金の力(原典)使う前に、ゴウラムがパワードスーツ化かぁ」

とか、思ってたんですね。

で、放送見たときのショックときたら!!

ガミオとの会話で美味しいところをディケイドに取られまくるのは、まだしも!!

「あ・・・あれ・・?」みたいな感じでうめき声を上げるクウガはなんだか

ジョジョやHUNTER×HUNTERで悪役の能力に巻き込まれる一般市民みたいですよ!!

しかも、足がクワガタのツノに。
なんか、「昆虫ピースケの冒険」でそういうの、見たことあるよ!

そんな異常事態にメゲない小野寺クウガと、ディケイドさんの大活躍でガミオは撃退。

それにしても、3話を見てる限り、ディケイドの強さ設定はなかなか絶妙ですね。
一般怪人や、別世界ライダー基準で比べると強いけど、その世界のラスボスには
苦戦する。ガミオに一蹴された後、一般怪人の集団に囲まれて危機に陥ってまし
たし。「最終決戦直前のヒーロー」の強さなんですね(笑)

クウガで言ったらアメイジングマイティぐらい?

話を早く進められるし、ご当地ライダー(^^;)にも活躍の余地があるし、いい
アイディアだと思います(笑)

物語ラスト、使命を終え、次の世界に入る士達と、八代の言葉を胸に旅立つ
ユウスケ(青空が・・・)。

話がキレイにまとまって感心する間もなく新キャラ『キバーラ』、そして、
予告では、子供のワタル!?をはじめとした衝撃の映像群。
今年のライダーは何かが違うw。

・・・・と、その前に気になることが。
今回、ユウスケは人間的な成長を遂げて、言ってみればヒーローへの道を歩みだし
ました。原典を見てた身からすると、皆の笑顔の為に戦った五代雄介的な方向に
向いているといえます。
さらに、『究極の闇』は阻止され、崩壊はとりあえず収まり、世界は丸く収まった。

でも、ディケイドは破壊(と再生)のライダーですよね。
第一話の、紅渡と士の

「9つの物語が融合し、やがて世界は消滅する」
「あなた(士)は9つの世界を旅せねばならない」
「何故オレだ?」
「あなたは全てのライダーを破壊するものです」
「再生は破壊からしか生まれませんから。残念ながら」

といったやりとりを思い起こすと、「丸く収まって終わり」は、明らかに変なんですよね。
破壊の前に再生が来ている。
ゴウラムは確かに破壊的だった・・・という事はひとまず置いといて(笑)、
これはどういう事なんでしょう?

最終的には、夏海が夢で見たように、ディケイドと歴代ライダーたちの戦いが
『破壊』にあたるのかもしれませんが、それでも3話の展開で、クウガ世界に
おける使命を、士が果たした事になる・・・と考えるのは少々腑に落ちないです。

考えようによっては、『小野寺ユウスケが、五代雄介化した』場合、『仮面ライ
ダー クウガ』の主役は、必ずしも『五代雄介本人でなくても良い』というコトに
なり、ある意味『原典版仮面ライダークウガを破壊した』とも言えますが・・。

次回も期待大です。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:2
[仮面ライダー ディケイド
comment
こんばんはー。

>といったやりとりを思い起こすと、「丸く収まって終わり」は、明らかに変なんですよね。
>破壊の前に再生が来ている

ああ・・確かにそう考えると変ですね。
恣意的に解釈すれば、ディケイドが関与しなければ「八代刑事のために戦うユウスケ」の世界のままであり、それは破壊されたという見方も出来ますけれど。ちょっと無理があるなあ。
2009/02/14 22:34 | | edit posted by ayumie
ayumieさん:

返信遅くなりましたm(__)m

>>それは破壊されたという見方も出来ますけれど。ちょっと無理があるなあ。

確かに「本来のユウスケと八代の物語」は書き換えられて(=破壊)されてますねぇ・・。

一番単純な「破壊」の、「その世界のライダーを倒す」は当面無いでしょうから、
士が、「その世界に関わる事」自体が破壊につながる、という事なのかなーと妄想してしまいます(^^;)
2009/02/16 01:38 | | edit posted by 黒森コウ
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/149-f6b3d6c4
trackback
ヤバイな・・背景が全く分からないのに面白い。 『こいつが人の笑顔を守るなら、俺はコイツの笑顔を守る!』 おお・・! なんかいい加減が服を着ているような印象だった士の印象が大きく変わってきました。 全てを破壊するものディケイド。 異世界の仮面ライダーに
| 現実逃避 | 2009.02.14 14:10 |
究極の闇によって人間がグロンギへと変わっていく。 戦う事しか考えないグロンギ族。 しかし、であるならば、有史以来争いを絶えさすコト...
| 『真・南海大決戦』 | 2009.02.14 18:10 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。