同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
炎神戦隊ゴーオンジャー 第31話感想:「歌姫デビュー」
胸の薔薇は秘密の印!
大翔300

これはやっぱり「フローラがラスボス」説の証拠でしょうか(笑)

今日、キバ&ゴーオンの映画を見てきました。
近場じゃ上映をしている最後の映画館です。

しかし・・・キバの、エンドロールをwktkしならが見ていると・・・場内が明るく・・・・。
え・・・・?モモタロスは?リュウタロスは・・・・・・・??

「まっかっか城」が上映されませんでしたorz
そんなん、あり・・・・?
映画の感想はまた後日。

[あらすじ]

突如現れた未知のモンスター。
ボンパーによればガイアーク反応は無いという。

ゴーオンジャーのスーパーハイウェイバスターも
ゴーオンウィングスのウィングブースターも通用しないどころか、巨大化してしまう!

その時、どこからともかく流れてくるギターの爆音!
見上げるとソコには、ギターを持ったガイアークの3大臣!

「今回は皆で歌いまくるゾヨ~♪」
[あらすじ続き]

現れた怪物は「サウンドワールド」からやってきた雑音が大好物の
「ロムビアコ」であり、ヒューマンワールドの雑音を聞くと、巨大化
してしまうと説明を受ける走輔たち。

このままでは地球そのものがロムビアコに潰されてしまう。
ガイアークとて住処にするつもりの地球が無くなっては意味が無いのだ。

「だからって歌いまくるって、どういうコトなの?」

ロムビアコは「素敵な歌」を聴くと小さくなるという伝説がサウンドワールド
にあったのだ!

「素敵な歌声といえば、やっぱり、アイドルユニットよね!」

地球最大の危機を向かえ、ゴーオンジャー、ゴーオンウィングス、ガイアークの
みっつの力がひとつになって、歌と笑いの総力戦。

ロムビアコの厳しい「判定」の前に次々と屈する愉快な仲間たち。
人類の切り札、スーパーアイドルユニット「G3プリンセス」は未だ特訓中・・・・!!

[感想]

も・・・もう駄目・・・・(笑)
何回見直しても笑う・・・・・。

まさに腹筋崩壊。

なんで?
なんで今回こんな話なの?
マクロス?マクロス・フロンティア??

流行ってるみたいだし、
そんならいっちょ、乗っかってみるゾヨとかってそういう話ですか?

時間一杯に笑いとパロディが詰め込まれてて、一々書き出せないですよ!

ケガレシアを演じる及川奈央さんが「ジェットコースターが苦手」と知って、早速
セーラー服着せてジェットコースターとか、なんというドS脚本・・・!!
及川さん本気で怖がってるよ、可哀相だよ(><)!

そもそも、怪物の名前からしてロムビアコ→コロムビアですからねぇ。
ロムビアコの胸には上下に伸びるメーターがついており、

・雑音を聞くと青い上方向にメーターが動き、満点になると巨大化、
・素敵な歌声を聴くと赤い下方向に動いて、満点で縮小化。

なんでそんなお馬鹿なモンがついてるかはともかく、歌われた歌をご紹介。

1.「害悪産業革命宣言」歌:ガイアーク三大臣
 三大臣によるヘヴィメタル。
 雑音判定で大失敗。三大臣は「面目ない・・・・」と平謝り。
 劇中では雑音扱いだけど、カッコよかったよね。ボーカルコレクションに入る
 だろうし、ちょっと欲しい。

2.「miss you」歌:須塔大翔
 「この俺のラブソングで、眠ってる間に小さくしてやる」と言ってギターを持って
 歌いだした歌。この「小さくしてやる」のイントネーションに自信がみなぎってましたな
 凄い演技だ・・・・。で、この歌は、大翔演じる徳山さんが、この話のために作曲した
 という逸品で、音楽活動もしているというだけあって、本気で上手い!!
 しかし、ちょっと自分に酔いすぎた事と、ロムビアコが女性の声意外は受け付けなかった
 ため、雑音扱い。
 絶望したアニーの明日が心配されます。仮面ライダーカブトを見ていたファンの方は気が気でないと思われます(笑)
 ロムビアコのメーターの上がり方とか最高だったなぁ。
 なお、曲名は公式サイトの次回予告では「大翔のバラード(仮)」でしたけど、「miss you」
 に変更になって、公式サイトで着メロ配信中。
 なんて手回しが良いんだ・・・。

3.「恋のフーガ」歌:ヨゴシュタイン&キタネイダス 往年のアイドル、ザ・ピーナッツのヒット曲。
 歌うはガイアークの2大臣・・・・って、ちょっと待てーーーーーーーーーーー!!!!!  
 も、もう、これはドコから突っ込んだらイイんですか。パヤパヤ。

4.「G3プリンセスラップ ~PRETTY LOVE Limited ~」歌:G3プリンセス
 「一所懸命歌います!」
 幾多の特訓を潜り抜け、真打登場。
 あわや走輔達がロムビアコに踏み潰されそうになったときに「みんな~」と駆け寄っ
 てきた
 3人のピンクのフリフリに東Aの本気・・・・と言うか、もの凄い煩悩を感じるよ・・・・。
 歌うはエンディングテーマ、炎神ラップのアレンジ版。
 趣味全開のPVまで挿入された上に、番組EDまで乗っ取った!
 
 そして、10月1日に限定版CD-BOXと通常版CDが発売予定。
 歌&握手&トークイベントに、写真集、あまつさえ
 1体2万円オーバーのドールも発売されるよ!ボンボン!!

 完璧な布陣。これで・・・10月末のMilkyWayを迎え撃つつもりなのか、東A!!


しかしまぁ、まさか戦隊でこんなに歌盛りだくさんのエピソードがあるとは・・・・。
でも、お笑い回とは言え、巨大化した敵が縮小化してラストバトルという普段とは逆の
展開をさりげなくやってたりするんですよね。
ゴーオンは初期の話でもハイウェイバスターを巨大化した敵に撃ってみたり、これまで
の戦隊ではあまりやらなかった事をあっさりこなしたりしていた侮れません。

それに、やはりガイアークとゴーオンジャーの戦いは生存圏の争いである事があらわに
なってましたし。これはGP-14「毎日ドキドキ」やGP-26「恋愛カンケイ」等で時々顔を出すテーマなんですよね。
戦隊物は割とこういうテーマから逃げない最終回をやるので、スタッフがこの難しい問題にどう結末をつけるのか気になります。
スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[炎神戦隊ゴーオンジャー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://jetforest.blog51.fc2.com/tb.php/101-c7bb0e89
trackback
なんというか・・・こんな話やってしまっては、もうガイアークと戦えないだろ。 和平エンド以外があったらむしろその方が驚愕なんですけれど。どうするのかな、スタッフは。 『ロムビアコ・・そのネームセンスから秀逸ナリ!』 いやまあ信じがたいくらい面白かったんで...
| 現実逃避 | 2008.09.27 23:01 |
笑 い 殺 す 気 か これはヒドイ…これは相当ヤバイですね…。 毎年恒例の荒川バクハツ回、さくら姐さんにブリッコさせたり、伊藤か...
| 『真・南海大決戦』 | 2008.09.28 03:39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。