同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
ディケイド、シンケンジャーの世界へ

怪電波みたいなエントリですが(笑)

TEUCHIのときに、TJさんから聞いてたんですけど、ホントにやるんですね(^^;)

↓公式のニュースだけど、あらすじがあるので、ネタバレ注意(一応)

【ドガッチ】ディケイドがシンケンジャーの世界に! 史上初!本編でコラボが実現

放送はディケイド枠の第24話、第25話(7/12(日)、7/19(日)放送予定)だ
そうで・・・・ていうか、ちゃんと2回やるんだ(^^;)??

その間のシンケンジャーの内容はどうなるんだ?とか、興味は尽きませんw

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[未分類
みんなでSUPER☆TEUCHI☆LIVE ~Friend×Friend~に行ってきた

6月21日(日)

その日は待ちに待ったSUPER TEUCHIライブの日。

注)本エントリは、RubyGillisさん(穴にハマったアリスたち)
  セットリスト(
楽曲一覧)を参照してからお読みください(丸投げ!)
  と言うか、Rubyさんとこを全て読んだら、このエントリはほとんど
  読むトコ無いんですがwwwww

いつもトラックバック等でお世話になっている『現実逃避』のayumieさん
現実逃避してライブを見に来るということだったのでw、いわゆる迎撃オフ
も兼ねて、『真・南海大決戦』のTj-Type1さん、『穴にハマったアリスたち』の
RubyGillisさんと待ち合わせることにしたのでした。
(残念ながら、RubyGillisさんは合流できませんでしたが)

《ご近所さんのTEUCHI記事》

 ☆穴にはまったアリスたち

 ☆現実逃避

 ☆『真・南海大決戦』
 

おりしも、当日は朝から雨。

「これはやっぱり・・・。」

「榎本さんパワーですねぇ。」

榎本さんといえば、雨女

21日の降水量は48mm/1日と、6月(東京)の最大値を記録し、

健在ぶりをアピールしたのでした。もはや、出オチを超えた出オチ。
前日の天気予報を見て笑ってたファンも多いんじゃないですかねw

TJさんとは混雑した会場内で合流しました。

ayumieさん:「Tjさんと会えませんでしたねぇ。ドトールで見かけた人かも

黒(周囲を見つつ):「えっと確か、IQ180のレモンを握りしめた女子Φ学生・・(棒)

ayumieさん :「後ろの方では?」

黒 :「えっ・・・おわあっ!!!」

  
     Tj-Type1さんご近影

振りむくとそこには、IQ180のレモンを握りしめた女子Φ学生がいた。
別に何か弱みを握られたとかでこう書く訳じゃないんですが、とにかくいた。

黒 :「これはこれは、ご無沙汰してますー」

Tj-type1さん :「べ・・・べつに皆に会いたくて来たんじゃないんだからねっ!!」

※エントリ中に一部、捏造が入りましたことをお詫びしますm(_ _)m
※つーか、これは“貸し1”というコトで良いですか(笑)>Tjさん

Amazon
【榎本温子】榎本温子プロデュースグッズ第2弾 折りたたみ傘『できRainばつかいたくないんです』[Rainy Lady Palace]


 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:4   trackback:3
[ふたりはプリキュアsplash☆star
フレッシュプリキュア!感想:第20.x話『絶対』他

ライブで疲れてすっかりアップが遅くなってしまいました。

現在公開中の映画、
やっつけ仕事にも程がある画像
は、皆さんもう見ましたか?

遅ればせながら、私も先日見てきました。残り僅かとは言え、まだ公開中の
劇場もあるので詳細な感想を述べるのは差し控えますが、
第三艦橋を鳥的バリアで守ろうとした美翔さんがカッコよかったです。
レモンが「ありがとうございます!」と言ったとたんに崩れたのは
お約束というか、一種の様式美のように感じました。

この2人は、ある意味ガチ。

今回のフレッシュさんは、そんな映画とのタイアップ。

一部で、「フレッシュの世界が壊されてしまった」と賛否両論ですが、
私はコレはコレでアリだったんじゃないかと思いますよ。

今回は久々にあらすじとか書いてみようかと思います。
このブログ始めた頃は毎回書いてたんですけどね。
たまに復活させるのは、まぁ、初心に戻るためと言いますか、
煙に巻くためと言いますか・・・・・ね。

え、この書式に不安感を憶える?りんちゃんの一番長い日??
やだなぁ、何のことですか??
いつの間にか拍手が増えてて驚いたwありがとうございますm(__)m

では気を取り直して、あらすじから。


【ナレーション】
これまでのディケイドさんは!
・・・いつもお世話になってるblog様に記事があったから、そっちで読んでね(ぉ)♪

.1話『プリキュア大戦』(「『真・南海大決戦』」様
.4話『SplashStarの世界(前編)』(「穴にハマったアリス達」様
.8話 『スプラッシュ倉庫いらっしゃいませ』(「現実逃避」様)
.9話 『スプラッシュターン』(「現実逃避」様)

増子 美香       「どうしてこうなった・・・・。」
奈湖.A.ツカサ 「私が、あなたの世界を救ってあげる。」

世界を救うため、キュア・ディケイドが歴代プリキュアの世界を巡る!!

ツカサ「ここは・・・無印の世界・・・・・」

【第20.x話ディケイド編『絶対』】

黒と白の腕が交錯し、鈍い音が氷洞に鳴り響く。
キュア・ホワイトの頬に当てたキュア・ブラックの拳は、しかし浅く、
ホワイトの前進が止まらない。

“駄目よ、ホワイト・・・・・・”

ホワイトの拳が迫る。

その拳は恐るべき精度を以てブラックの左胸を捉え、心臓を揺さぶる。
瞬間、全身の痙攣を伴い、たたらを踏むブラック。

視界の隅で、追撃のモーションに入ったホワイトが見える。
もはや直撃を免れる術は無いだろう。

それに、耐えられるだろうか。

味方だった時に頼もしく思えた拳は、いざ敵として交えてみると、
なんと恐ろしいものか。

敵・・・・いや、違う。敵は、他にいる。

催眠術の類によるものなのだろうか、
鋭い眼光をたたえ、無表情で襲ってくるホワイトからは
いつもの優しさは感じられなかった。

友達同士で戦うことが、とてもくやしくて、かなしくて。
ブラックは、ホワイトを操るベルゼイが許せなかった。

ジャアクキングすら体内に取り込んだベルゼイは、ただでさえ強敵だ。

でも、負けるもんか。

歯を食いしばり、打撃に耐えようと目を閉じていた・・・・のだが、
いつまでたっても拳が触れる気配がない。

傍らで足音がひとつ、聞こえた。
目をあけると、打撃モーションの途中で意識が遠のいたのだろうか、
ホワイトが倒れこんでくる。

手を伸ばし、あわてて抱きとめる。

「ホワイト・・・元に戻ったんだね」

憔悴したホワイトの、小さな笑顔を見て、ブラックの頬に涙が伝う。

「友情を口にしながら同士討ちとは哀れなものよ」
「友情など、しょせん、そんなもの」
「闇の力の前には、無力」

ベルゼイ1人だけではない、彼に取り込まれた闇の住人の声が次々と響く。
友達を信じることが、世界で二人だけになってしまったかのような、孤独感。

「そんな事ない!」

「何者だ!」

「来てくれたのね・・・」
「ホワイト、知ってるの!?」

指差す先に、見慣れぬ戦士がいた。

「キュア・ディケイドよ・・・」
「ディケイド、世界を滅ぼすという、悪魔!!」

「まって、ブラック、あの子と一緒に、戦って」
「え・・・駄目よ・・・私、あなたと一緒じゃないと、戦えない」

消え入りそうなホワイトの声に言いようのない不安を覚えたせいなのか、
変身が解けてしまった。先ほどの激闘で蓄積した痛みが全身を走る。

「黛(まゆずみ)さん・・・・」
「だって・・・あのね、雨宮さん ・・・私、あなたに褒められると嬉しかった。
 もっと笑顔になってほしかったの。だから、今まで戦えた。」

雨宮ホノカは優しく微笑む。

「・・・・私の笑顔のために戦ってあんなに強いなら、
 世界中のみんなの笑顔の為に戦えば、あなたはもっと強くなれる・・」

「・・・・」
「だから、それを私に見せて・・・ね・・・ナギサ・・・」

はじめて、名前で呼んでくれた。
無言で雨宮ホノカの手を握り、静かに横たえさせる黛ナギサ

「ホノカ、待ってて。すぐ、終わらせてくるから!」
「何故だ・・・・!もはや何の力もないお前が、ふたたび立ち上がれる!!」

怒りと疲れで、ただただベルゼイを見上げる黛ナギサに代わるかのように、
ディケイドが言う。

「確かに、私たち、1人1人の力はとても弱くて、
 ちょっとした事ですれ違い、時には争いごとを起こしてしまう時もある。

 ・・・・でも、この子は信じてる。
 仲間と友達と、肩を寄せ合い手を取り合って、交わす笑顔の意味と、絆を。
 そして知っている。
 それがどれだけの勇気をくれるのかという事を。」
「だから、知ってるかしら。この子の笑顔は、なかなか愛らしい。」

「ディケイド・・・・。」

「お・・・・お前は・・・何者だ・・・?」

闇の支配者となってなお知覚し得ぬ力がある。
それを看破するディケイドに、ベルゼイは畏怖した。

「通りすがりのプリキュア。・・・覚えておくといいわ・・」

身構えるディケイドの横をナギサが通り抜ける。どこで見つけたのか、
人の頭ほどの岩を、赤い顔して持ち上げ、怒号上げて走っていく。

なんという無鉄砲さ。

だが、それがいい・・・・・ってコトか。
思わず笑みがこぼれるディケイド。

突然、腰から下げたファイリングノートが発光し、カードが3枚飛び出してくる。
ディケイドは、それを指先で捕らえる。

そのうち1枚をポーチに差し入れると、人工的な音声が鳴り響いた。

「キュア・ライドゥ、ブラック!」

「へ、ブラック?」

自分が変身した時の名が出て、思わず振り返った黛ナギサの眼前には、


ディケイドが再変身したブラックの姿があった。

驚愕して手に持っていた岩を自分の足に落としてしまう黛ナギサ。
激痛にしゃがみこんでしまう。

さらにもう一枚、カードを差し入れるディケイド。

「ファイナル・フォームライドゥ、ホホホ、ホワイト!」

黛ナギサに近寄り、「ちょっと、くすぐったいわよ」
と、背筋を指でなぞりはじめる。

「くわっ!!・・や、やめ・・・あ・・・ああ・・・」
「・・・・キモチイイ・・・・」
「・・・これが、あなたと私の力よ・・・」

ビジュアルで読者の皆様にご覧いただけないのが残念なプロセスを経た後、
光に包まれて上昇する黛ナギサと、追うように飛ぶディケイド。

一転、着地したふたりは、名乗りを上げた。

「光の使者、キュア・ブラック!」

そして・・・


「光の使者、キュア・ホワイト!・・・・って、あたしがホワイト!?」

これはこれで、なんという羞恥プレイか。

「おのれ、プリキュア!」

新たなる姿で復活したプリキュアを一撃で粉砕せんと迫るベルゼイ。

ディケイド、さらに1枚のカードを差し入れる。
「ファイナルアタックライドぅ、デュデュデュ、デュアル・マーブル・スクリュウ!!」

「ほら、いくわよ。」
「ええい、もう、こうなったらヤケよ!!

意を決し、自ら相手の手を握る、ホワイト@ナギサ。
そして、光の力と闇の力が激突し、全てが、終わった。


「この世界も救われましたね」と、ツカサが被写体となった写真を
差し出しながら、増子 美香は言った。

今まで、誰に何度写真を撮ってもらっても、何故か歪んでしまう写真。
それはツカサが世界から拒絶されている証拠であるそうだが、、
今撮った写真は、ピンボケもせず、よく撮れている。

「とりあえず、この世界には認められたってトコかしらね」

チラリと見るものの、興味ナシという風の、ツカサ。
言葉を続ける。

「でも・・私も思い出さなくてはいけない事が、いろいろとありそうよ」
「例えば?」
「例えば・・・・そうね・・・」
「笑顔! ですね」

突然、口をはさむ、勝鬨橋(かちどきばし)ヒカリ

「そうそう・・・て、なんで、あんたがいるの?」
「いろいろあって、こういう事になっちゃいましたーーー。」
「まぁまぁ、細かいことは言いっこなしって事でさ」
カオルちゃん、ぜんぜん細かいことではないでしょう。」

まったく、この謎の運転手だけは・・・。

「ま、人はみな、自分の謎を探す旅人なんだよ・・・なんつってな、ぐは!」

奇妙な仲間たちの活躍は、まだまだ続くよ!
じゃあね、ばいば~い。

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:4   trackback:2
[怪放送(?)
フレッシュプリキュア! 感想:第20話『ダンスとプリキュア…どちらを選ぶ!?』

触れ得ざる者。


感想に入る前に、ちょっとお知らせ。

21日(日)は、ふたりはプリキュアsplash☆star関係者によるライブ、
『みんなでSUPER☆TEUCHI☆LIVE ~Friend×Friend~』の開催日!

今回はいつものS☆Sメンバーに加え、プリキュア5から三瓶さんと
前田さん
がゲスト参加!

1月のトークライブで「他シリーズからゲストも・・・」と言ってた事が
早くも実現するとは。

日時/6月21日(日)
場所/初台ドアーズ
時間/1部 開場13:00 開演13:30
   2部 開場17:30 開演18:00
料金/前売4000円 当日4500円 共にドリンク別
出演/うちやえゆか、榎本温子、樹元オリエ、五條真由美、千葉一伸
ゲスト/三瓶由布子、前田愛
チケット/ローソンチケット:Lコードは77815

私も1月の「ぷちテウチ」行ってきたんですね。これはトークライブでしたけど、
ずっと笑いっぱなしだったなぁ。ご一緒したTj-type1さんRubyGillisさん
レポートを書かれてますので、読んで予習してみんなで行こう!。

Tj-type1さんによる第1部レポート
RubyGillisさんによる第2部レポート

両方に名前出てるくせに、なんでオマエ(黒森)はレポート書かないの?
と言われると辛いものがありますww

exciteによる1回目と2回目のレポートはこちら。

2回目
1回目


ではフレッシュに戻ります(^^;)

大友的に言えば、第4のプリキュアはアノヒト。
しかし、ラブたち3人は倒れ、イースは心身ともに傷ついた。
予告じゃタルトがミユキにプリキュアになるよう頼み込んでいる!?
しかも、次回からダンス大会が始まるんだよねぇ。
イースの切り札、ナキサケーベのカードはあと2回分。

その2回の間に、どのような展開で新プリキュア誕生の流れに持って
いくのか、超楽しみです。

いきなり予告の感想を書いてしまいましたが、本編も面白かったですね。
ラブの母、カオルちゃん、大輔などサブキャラも登場時間が少ないながら
もしっかり描けてました。
それでいて散漫な印象もなく、良回だったと思います。


ダンス大会まで一週間を切り、日々の特訓の疲労が増すラブたち。
そんな中現われた、より強力な敵ナキサケーベに不安を覚えるのですが・・。
むしろミユキが強敵になっているような・・・

ラブの学校の帰りを待ち構えていた せつな。

せ「なんだか無理をしてるみたい。」  ←淡々と
せ「なにかあったの」         ←押さえ気味に
ラ「あ、あのね、せつな・・・」
せ「に (゚∀゚*)」          ←喰いついた
ラ「う~~~ん、なんでもないっ!!」
せ「えっ Σ(゚Д゚;o) 」              ←(笑)

見てるほうは息が出来ないんですがwww

ラブ×せつは正義。

まったく、ともちゃんP様の言うとおりですよ・・・。
あ、いよいよ6人組なんですね。楽しみにしてます。

翌日。

どうやってラブをプリキュア止めさせるか、という事を徹夜で考えた(多分)
せつなは占い師の立場を、またもや利用。


 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:5
[フレッシュ プリキュア
お台場に行ってガンダムを見てきた

話題に釣られて行って来ました(^^;)
場所はお台場 都立潮風公園「太陽の広場」

車で行ったので、駐車場や渋滞が心配でしたが、いつもどおり、
という感じでした。

※今回は全て画像クリックで大サイズ表示します。

ああもう、この写真がすべてだよなぁ(笑)
この日がとうとう来たか、という感じです。

細めの胴体に少し大きめの頭と、バンダイのパーフェクトグレード ガンダム
みたいなスタイリングですね。

※(8/18追記)後日、ライトアップされた夜のガンダムも見てきました。

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:0
[雑記
フレッシュプリキュア! 感想:第19話『新たなカード!イースの新しい力!!』

適材適所(byメビウス総統)


4人目の登場を間近に控え(笑)、
本筋からは離れていたものの、テーマのひとつだったダンスに
大会出場という目標が定まり、敵役のイースにも試練が訪れる、
ひとつの転機になりそうなお話でしたね。

そのせいか、脚本に成田良美、作監に川村敏江というダブルエース状態。
ちょっと悪美パワーが強すぎて、夜の番組になってた気がしないでもない
ですが(^^;)

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:5
[フレッシュ プリキュア
フレッシュプリキュア! 感想:第18話『プリキュアに会いたい!小さな女の子の願い!!」』

他に描く事なかったんかいw ←そんな事は無かったんですけどね

しかし、プリクラの為に変身フルバンクとは恐れ入った・・・。

また遅れてしまいました。19話、今日中に見られるかなあ。

ラブたちが病院で出会った女の子の、手術前の不安感を払拭する為に
プリキュアになって会ってあげよう!というお話。

好評だったこの回は既にアチコチで語りつくされていますが、
プリキュアの知名度が上がってメディアに取り上げられる
フレッシュならではのお話でしたね。

和希が病院へ・・・という導入は元の設定を生かしてますし、
数々の新製品(笑)もお話にキレイに取り込まれてて、まったく
ソツが無かったですねぇ。いや、素晴らしい。

まぁ、あのビーズルーラーmkIIみたいなやつは・・・いや・・
アレだってアクセサリを作る描写自体が釈然としないだけで
シフォンが深夜に病室に訪れたことを女の子が確信する理由に
なったり、使い方が良かったですよね。

シフォンも随分成長していて、ヌイグルミとして振舞っていた為に
知った涙に応えようと人知れず行動を取って、それは最後まで女の子と
シフォンの秘密になっていましたが、こういう、主人公(ラブ達)が劇中
の事を全て知っている訳ではない事や、手術室に向かう女の子とピーチ達が
窓越しに出会うといった、お話のサジ加減や距離感がお話に奥行きを与えて
ますよねー。フレッシュはー。

19話は、イースのパワーアップ回。
敵幹部の名前で「新しい力」というサブタイトルがつくのはシリーズ初ですね。
いったいなんでだろー。
ぷりきゅあさんにいったいなにがおきるだのろー(棒)

それはそうと、「あたし達、親友なんだから!」というナレーションが
入ったとき、ブッキーが「ええっ!?」という表情をしてたのは気のせい
ですかそうですか。

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:4
[フレッシュ プリキュア
マブリットキバはカッコイイよね。
ソニーのBDレコーダー機に搭載されている「おまかせ・まる録」を応用した
スクリーンセーバーなのだそうで。



インストール後、「画面のプロパティ」の「スクリーンセーバー」タブから
「<おまかせ・まる録>スクリーンセーバー」を選択して「プレビューボタン」を
押すと検索窓が出てくるので、好きな言葉を入れて検索すると関連画像&動画を
集めてスクリーンセーバーにしてくれる仕組み。
おさめ隊とかマブリットキバのスクリーンセーバーが手軽に作れる夢の機能だ!
もちろん美翔さんでもOKだ(多分)!!

内容的にはソニーがやるだけあってかっこいいんだけど、処理が結構重いですね。
あと、画面の切り替えが激しいところもあるので、ポケモンフラッシュに弱い人は
避けた方がいいかも。

もう1つ、ITmediaから。



へぇ。


Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[雑記
フレッシュプリキュア! 感想:第17話『シフォンはまかせて!ベリーの新しい力!!』

しまった、記事消してしまった・・・
というか、xfy blog editor LE無償版で書いてるので、
正しくは「保存忘れてた」なんだけど・・・(^^;)

ま、だいたいこういう話だったよね(笑)

決して手を抜く性格ではないものの、ピックルン出現を急ぎすぎて手段自体に
拘ってしまったところを昔の母親と自分を、今の自分とシフォンに重ね合わせて
本当に大切なことは何か、というコトに気づく展開は良かったと思います。

でも、ブルン/ベリーソードの出現を引っ張ったワリには、シリーズの重要回でも
ないし、強敵が現われた訳でもなかったので、引っ張り損だった気もしないでも
ありません(^^;)

バンクはカッコよかったですけどね。

せっかく「ソード」なんて物騒な得物なんだし、サウラーとのガチバトル
とか見たかったですねぇ。

1人だけピックルンが出てこない弱みにつけこむ、とか好きそうじゃんサウラー。

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[フレッシュ プリキュア
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。