同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
仮面ライダーディケイド 第1話:「ライダー大戦」

キバでは中断してしまった仮面ライダー感想記ですが、なんとか復活させてみた
いと思います。

【感 想】

これは、あれですね。
もう、出し惜しみしない、と(笑)

1話に限定して言えば、ゴーオンジャーの1話に似た感じですね。

ゴーオンも、前年のゲキレンジャーの売り上げが芳しくなかったせいか、
とにかくアクションシーンだらけの第1話でしたからねぇ。
(ゲキはゲキで好きなんですが)

導入部の為、ストーリー的にはまだ特筆する点はありませんが、少々残念だった
のは番組最後で、「クウガの世界」に渡るシーンが少々(子供に)判りにくかった
のではないか、という事で、“渡が司をキャッスルドランに導いて門を通過させる”
良かったのではないかと思います。

司が飛び込んだ、「クウガの世界」そこには、

五代 雄介ならぬ、小野寺 ユウスケが
一条 薫刑事ならぬ、八代 藍刑事が

謎の未確認生命体“グロンギ一族”対峙していた。

1話時点では、この“ユウスケ”と、“葵”は原典「仮面ライダー・クウガ」の
主人公五代雄介と一条 薫の劣化コピー版と言えるのだけど、この劣化具合が
なんか良いですよね。

劣化と言うと、語弊があるかもしれないので、ディフォルメ具合というか。

五代と一条は精神的にかなり成熟してたので、ユウスケと葵に対しては
“ガンバレヨー”みたいな気持ちになってしまいます。

公式サイトのキャスト解説の、夏海の項目で「司とユウスケに愛想をつかしつつ」
という説明
があったり、日経トレンディネットの記事で「ディケイドと旅するクウ
ガ」という一文があるので、クウガはレギュラーキャラになる可能性がありますね。

それにしても、、ユウスケ役の村井良大さんは現在20歳。
「子供のとき見ていたオダギリ ジョー演じたクウガになれるとは・・・」とコメン
トしてましたが、
そうか、当時は10歳そこそこか・・・・・そうか・・・・・・・。

番組冒頭の「ライダー大戦」シーンで台詞のあったライダーはオリジナルキャスト
では無かったですし、今後登場するライダーたちは、“ディケイド版”になりそう
ですが、今回唯一オリジナルキャストだったのは、キバからの出演となった紅 渡。
司がクウガの世界に旅立つ間際、「僕の仲間達がしばらく世界を支える」というよう
な事を言っていましたが、その“仲間”は“原典版”なのでしょうか?

次回予告では早くもクウガのアルティメットフォームが登場。黒い目というのが
なんとも・・・・そして、まさかの地獄兄弟。
期待、大ですね。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[仮面ライダー ディケイド
Yes!プリキュア5 GoGo!感想:第48話(最終回)「未来へ!永遠不滅のプリキュア5!」

さようなら。

2年間続いたプリキュア5シリーズも、とうとう最終回。

【感 想】
「将来の夢」というものは、いわば成長の原動力だと思います。

なので、「夢」がテーマだったプリキュア5シリーズがが最終回を迎えるにあっ
たって期待していたのは、
戦いが終わって変身を解いて日常に戻った後、どう成長したのか。
数々の経験を経て、使命から解き放たれて、100%夢に集中できるようになった
とき、どのような向き合い方をするのか。
・・・というような事だったんですね。

だけど、プリキュア5gogo!がラストシーンで見せたのは、(いくつかの例外を
除き)物語が終わっても何も変わらない、という事だったので、少なからず不満に
思ったのも確かです。

一方で、エターナルやキュアローズガーデンに関わるお話には一段落したので、
gogo!の最終回を「プリキュア5 エターナル編」の最終回と考えると、しっくり
くる気がします。

だって、あの後日談として、あの鉢植からフローラに関係する何かが生まれて、
それを狙う組織と争奪戦・・・なんて話は、プリキュア5スタッフにかかれば
明日にでも出てきそうですよね。

ただ、エターナル編の最終回と見立てても、キュアローズガーデンの設定や、フ
ローラ、館長、ドリームの会話に未消化な部分があるように感じましたが・・。

例えば、生物と命の薔薇に関連がある事は描かれたましたが、
命の薔薇、シロップが育てた薔薇(=メルポ)、種になってしまったフローラを
見ていると、主体が生物と命のどちらにあるのか・・それに薔薇そのものが変身
したメルポって、なんなの?って思います。

もちろん、例外はいくらでも作り出すことは出来ますが、物語終了間際に語る
物語の核心としては少々振り幅が大きかったのでは。

フローラとドリームも、館長を説得したかったのかどうか、今ひとつわかりに
くかったですし。

説得はしてるんだけど、ギリギリで館長が「オレが悪かった」と言い出す
流れにならないように話をしてるような・・・・(笑)

館長と同じように種を送られたミルクは、逆に大切に種を育てキュアローズガー
デンの戦士になった事は対比として凄く良かったんですけどね。

説得して迎え入れるような描写を入れるよりは「今までの報いを受けなさい!」
みたいな感じでズバッと倒してしまったほうが、館長も悪役として最後を
まっとうできたのではないかと思います。

と、いろいろ言ってしまいましたが、最後で「いつもの光景」を見せて終わった
最終回が、他所のブロガさん達に好評なのも判る気がするんですね。

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:4   trackback:7
[Yes!プリキュア5 GOGO!
お誕生会は休日の深夜に。

ああ・・・なんだか手が進まなくて、時間がかかってしまいました・・・。

Twitterで触れましたが、お蔭様で、先日の1月20日に当blogも1周年を
迎えました。



今年1年で多くの交流をしていただきまして、ありがとうございました。
身近にはガンダムあたりのファンはいても、ニチアサの話ができる人がいなかっ
たので、とても楽しかったです。

しかし、まさかイベントまで行ってしまうとは。
1年前は電王の映画ですら入るのに躊躇してたのに。
いったい、来年の私は、どうなってるんでしょうか。
激しく心配です。

ええと

2年目を迎ましての抱負としては~、

まず、途中で頓挫してしまったライダーと戦隊は、絵を描かない方向で(ぉ)
感想を再開したいと思います。前もそんな事を言った気がしますが(^^;)。

でもってですね・・・。

月に1回は、感想お休み週を頂こうかと(おぃ)。
番組は見るので、twitterに簡単感想を書くつもりですが(^^;)

やっぱり、私の場合、平日が使えないですからねぇ。
「感想書かなきゃ~」と思っているうちにズルズル翌週以降に伸びてしまって、
プリキュア以外の話題に触れられないことが結構あったので、お休み集にそういう
話題を書いたり、手の込んだ物を描く時間に割り当てようかな、と。

え。

睡眠?

良いですね。睡眠時間に割り当てるのも・・・・(笑)。
人として大切ですよね。

ではでは、今後もご贔屓にm(_ _)m

Posted by 黒森コウ
comment:8   trackback:0
[雑記
Yes!プリキュア5 GoGo!感想:第47話「気持ちをひとつに!青いバラの奇跡!!」

いやあ、イベント等が立て込んで、47話感想がすっかり遅くなってしまいました。
そのイベントの感想文も遅れてますが(^^;)
とりあえず、直近の分から順に書いていきたいと思います。

【感 想】

最終決戦一つ前というだけあって、激しいバトルとなりましたね。
エターナル館長の攻撃に対して、謎バリアを展開して守るココたち。

その身を案じながら急行するプリキュア・・・・という構図は、昭和な
スーパーロボット物の構図そのままです(笑)

ただし、そういった番組がリメイク物でも重厚感を重視してキャラ
クタが遅めに動く傾向があるのに対し、現代的にスピード感あふれる
演出がなされるのが、プリキュア5流。

闇に覆われた空に5つの光が輝き、現れたプリキュア5。

今期は初期能力のままだった個別技の強化バージョンを、ここにきて
ノンバンクでの披露とあってカッコイイ。
しかも打撃1つ1つに重みも感じて、東映アニメの真骨頂を見せ付け
られた感じですね。

お話のほうは、これまで語られることのなかったキュアローズガーデンの
設定、そして、館長のフローラへの想いが単なる収集欲でしか無かった事が
あらわに。

あちこちで言われている事ですが、このあたりはもっと早く話に出してシ
リーズ展開して欲しかったですよね。

・・・いよいよ、プリキュア5シリーズもいよいよ終幕まじかですね。
第一期から、時には途切れがちになりながら、あるいは外的要因を受けながら
語られてきた、夢。

その夢の行く先を最後まで見届けたいと思います。

しかし、明日は外出の予定があるのでリアルタイムに見られないのですが、
ここに来てHDレコーダーの調子が悪いような・・・?

どうなる、オレ!?

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:6
[Yes!プリキュア5 GOGO!
こっそり告知すればバレないと思うんだ

どちらかというと、ayumieさんのblog「現実逃避」をご覧になってた方向け
なのですが~。

今週末、1月17日(土)に開催される、「ふたりはプリキュア SplashStar(以下、S☆S)」出演者&歌手によるトークライブ
「みんなでぷちTEUCHI LIVE」にかこつけて、現在、所沢航空発祥記念館で上映
されている、「S☆S マジドキシアター」を見てからteuchiに行こう!

という、通称、「鳥オフ」が、現実逃避さんで告知されていたのですが~。
諸般の事情でayumieさんが参加できなくなってしまったため、私、黒森コウが引き継ぎましたので、こちらでも告知することとなりました。

でも、映画を見るだけで、特になにもしないんですけどね(^^;)

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[雑記
Yes!プリキュア5 GoGo!感想:第46話「絶体絶命!没収されたプリキュア5」


アナコンディが散る間際、館長に触れる事すら叶わず、涙のみが・・・
というシーンはグッときましたわ。

【あらすじ】

激しい攻防のさなか、傷つきながらもエターナル館長に想いを伝えたアナコンディ。
だが、館長の心は未だにキュアローズガーデン、そしてフローラにあった。

一瞥もせず、館長はアナコンディーに命じた。

「プリキュアをコレクションに加えよ」と。

それは、アナコンディの生命を賭す事に他ならなかった

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:6   trackback:5
[Yes!プリキュア5 GOGO!
Yes!プリキュア5 GoGo!感想:第45話「キュアローズガーデンの扉現る!」

こ「実はこれもあなたの・・・・・。」

シロ「そのネタは賞味期限ぎれだろっ」

・・・・・・・・・・・申し訳ない

【あらすじ】

ナッツハウスに帰ってきたシロップは、望達がホットケーキを焼いているのを見て戦慄した。
その料理の腕前を知っているだけに・・・では無く。
その姿が今朝がた見た悪夢に酷似していたからだ。

夢の中でホットケーキを焼いていた彼女達は、
「これが最後だから。」
「キュア・ローズガーデンに行かなくてはいけないから、」
と口々に言い、遠ざかってしまう。

追いかけても、追いかけても遠ざかってしまう。

決して追いつけない。


そんな夢を振り払い、シロップは望達に声をかけた。

いつも通りの笑顔に内心、安堵するシロップだが、
同時に失われた記憶を取り戻した時、今のままいられるのだろうか・・・・。
と思わずにいられなかった。

一方のエターナルでは、アナコンディが隠し持っていた手紙を手にしたムカーディアが、ナッツハウスへ向かった。

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:1
[Yes!プリキュア5 GOGO!
謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

・・・て、画像にも書いてあるじゃん・・・。

新作描く余裕が無かったので、過去絵の流用ですorz

過去絵から選んだ、↑を含む3点をフリーの年賀絵として配布しますので、
切羽詰ってる方は、よければお使いくださいm(. .)m。

※クリスマス時の画も、要望いただいてXmasカード風にしたものがあるんですが、
 その件はまた後程。

拡大縮小、加工、修正、特に断り無しでご自由にどうぞ。
まぁでも、掲示板への投稿は避けたほうが良いかも・・・?
ニーズの無さそうなモノに利用規定つけてもしょうがない気もするんですが(^^;)

以下、png形式の画像なので、少々ファイルサイズが大きめです。

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:8   trackback:0
[雑記
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。