同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
大晦日のご挨拶

大変お世話になりました。

今年もホントにあと僅か。

いや、これ書いてる間に、年越すんじゃないの?という
感じですが(笑)

今年の1月20日に開始した当blogも無事に年を越せそうで、
こんな辺境blogにお立ち寄りいただいてる皆様には感謝の念に
堪えません。

1月20日!?なんちゅう面倒な時期に一周年なんだ・・・・。
だって、ニチアサ改変期で記事量も増えそうだもんねぇ
一周年記念は・・・・延期するか・・・(ぉ)

来年もこんな感じでゆるゆるやってくので、よろしくお願いしますm(. .)m。

では、良いお年を。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[雑記
Yes!プリキュア5 GoGo!感想:第44.x話「りんちゃんの一番長い日 他」

さて、こないだの日曜日の放送ですが、いつもの通り、地域によって内容が
異なったみたいですね。
残念ながら、受信されなかった方が多かったようで。
むむ、ようやく一週遅れから脱却したのに(^^;)
例のごとく、トラバをちょっと控えてましたが、また来年からよろしくお願いしますm(_ _)m>各位

そんな状況のせいか、ウチのHDDレコーダーは何やら詰め合わせの様相を呈して
ましたが・・・・。
まぁ、年末もさしせまり、在庫一掃という奴ですね(ちょ)。

【第44.x1話 りんちゃんの一番長い日 あらすじ】


男が社会に出れば7人の敵がいると言う。
それは、エターナル崩壊のドサクサ紛れに奪ってきた“退職金”を
元手に起業したこの男、ブンビーの場合も例外ではなかった。

しかも眼の前に今、7人の内の、3人がいる。

「なかなか良いんじゃない?」
「そうね、昨日よりだいぶ良くなったわ」

「おまえらなー、毎日毎日、タダ麺食らいよってからに・・」

「まーまー、味を見てあげてるんじゃない」
「それより、顔色悪いわよ?」

「やかましい!見ておれ、今は屋台だが、いずれチェーン店を従えて、
 ぎゃふん言わせてやる」

「へえぇ、どうやって?」

「そうだなぁ・・・、その暁には まず おまえらを」

「雇用してやる!!」

パッと屋台に笑声があがる。
そりゃ ありがたいわ。

「そういえば、そろそろ時間じゃないかしら?」

失恋から立ち直ったらしい秋元こまちが、
店主に断りなく、サッカーの中継をしていたラジオのダイアルをひねった。

「お、おいっ」

安物のスピーカーから聞き慣れた声が流れる。

今日は後輩の春日野うららが、新曲をライブイベントで披露する日だった。
演奏が始まる。手短なMC。

「なんだか緊張するわね」と、水無月かれん。

冬のメロディー。春の訪れを、うららが弾けるような声で歌い上げる。

ふと見上げると、暖簾の隙間からこぼれる日差しは暖かく、
寒さも幾分和らいできたことを肌で感じながら、
夏木りんは思った。

春、か。

初めてプリキュア5が揃ったのも、春だった。
すべてが終ったあと、パルミエ王国へ去った幼馴染の
笑顔がふと、脳裏をよぎる。






元気で。またいつか。






私たちは知っている。
陽射しが、冬でも変わらず頬を暖めてくれるように、
いつまでも変わらないものがある・・・・と。






だから・・・・・・・・。






だから、ね。





のぞみ・・・・・・・・。







「・・・・という夢を見てしまいまして」と、夏木りん。
「そうだったの」

放課後、いつものテラス。

顔色の悪い夏木りんを、心配した水無月かれんと秋元こまちが
少し早い時間に連れ出していたのだった。

「それで元気なかったのね」

「いやぁ、というより、夢の中で1日過ごして疲れたと言うか」

それを聞いて安心したのか、口元に手を添えて、
水無月かれんが笑いながら言う。

「まぁっ
 ・・・・でも、りんの見た夢は少し寂しいけれど、
そのうちのいくつかは、いつか現実になってしまう。」

「そうですね」

「だから、1日1日、大切に過ごしたいわね」

背後から生徒に呼ばれ、水無月かれんは席を外した。
生徒会長として何やら相談を受けている。

その様子を横目で見ていた秋元こまちだったが、
思いついた事があったのか、突然身を乗り出して顔を寄せてくる。

なななな、何なの!?

「りんさん、耳を貸して」

は、はひ。

「実はこれも、あなたの夢なのです」

またまたぁ。

・・・けど、この一言がまさか、あんな事件に繋がるとは、
この時は考えもしなかったのよ。りんりん(T^T)g

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:4   trackback:1
[怪放送(?)
Yes!プリキュア5 GoGo!感想:第44話「届け!みんなのプレゼント!」

ドリームラッシュ!!

あなたの夢は、なんですか?

毎年、この時期になると、見たくなる動画がありますねぇ。

ニコ動を見られない方は、googleで、「サンタになれ」で検索して一番上に
出てくるFLASH
を参照(^^;)

44話の脚本担当は村山 功さん。
S☆Sを担当していた時の印象だと、番組最後に道徳的っぽいセリフを一言いれて
しまうきらいがあるけど、堅実なお話作りをする・・・・という印象があったの
ですが、展開にちょっと荒さを感じてしまいます。

まぁ、クリスマス前のお祭り的なもの、と割り切れば良いんですけど、
そのワリには重要なセリフを差し込んでくるし・・・て言うか、本物の
サンタクロースが出てくるってアリ? それって番組内リアリティを崩さ
ない!?

・・・などと、いろいろ思ってしまうわけです。


シビレッタの童話世界が異世界として実在しているというふうに描かれてた
か、逆に今回が「いないと思ってたサンタが実在した」というお話だったら
すんなり納得できたんですけどね(でもシロップがサンタを肯定しちゃうしなぁ)。

素直に楽しめれば、それに越したことは無いのは重々承知してるのですが、
個人的にはハードルの高いエピソードでした。

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:3
[Yes!プリキュア5 GOGO!
こっそり貼れば、ばれないと思うんだ(追記)


在庫の苦しみをとくと味わいましたよ・・・・・・・・・・・・orz


Twitterのほうに書きましたが、何故か、pixivは入会して無くても画像が見られると
思い込んでました(^^;)
「続きを読む」にpixiv版を少しだけ修正し、さらにより大きいサイズ(横1200)で貼った
ので、根気のある方は見てみてくださいm(..)m
500kbありますが・・・・・(笑)。

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:0
[日曜の朝の番組(2007年以前)
今年の冬は巣篭もりが流行ですから

音楽系の無料インターネットラジオでも貼っておきます。
(有料ページもありますが、無料分だけでも楽しめる)

音質重視で256kbps配信なので、少々、PCの要求スペックが高いかもです。
ユーザー登録が必要ですが、記入するのはメールアドレスと年齢、
性別ぐらいだったと思います。

推奨環境で、windowsの場合はIE7となってますが、IE6でも動作可。
(うちはIE6とWindowsMediaPlayer11です)

jjazz.net

紹介ページ

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[雑記
Yes!プリキュア5 GoGo!感想:第43話「恐怖!エターナルの館長!」

まぁ、皆さん一瞬は期待しましたよね(笑)

でも、すぐに、そんな甲斐性のある番組じゃないんだ!という事に
今からダーク勢を出してドラマに組みいれるような余裕は無いしなぁ、という事に
気づくのです。ふふ。

【感 想】
 今回も既に周回遅れなので、さっくりと(^^;)
 いよいよエターナルの館長が動き出した重要回だけあって、演出も作画も
 良好でしたねぇ。夢原さんの、将来の夢に対する不安感を持つ場面もBGMを
 控えた寂寥感ある描き方が良かったです。
 ・・・が、gogo!シリーズの柱のはずの“フローラ”と“キュアローズガーデン”に
 40数話使ってほとんど近寄れてない人たちが顔合わせをしたので、思ったより
 進展が無かったような(笑)。

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[Yes!プリキュア5 GOGO!
Yes!プリキュア5 GoGo!感想:第42話「こまちの決意とアラビアンナイト」


さらば、やさしき日々よ。

【感 想】
シビレッタ退場話。
gogo!では珍しく、各レビュー/感想サイトで、テーマ的な部分の賛否が分かれた
エピソードでしたね。

多分、シビレッタの、「本の読み方にルールはあるのか?」
「本なんて自分の役に立てば良い」という発言の捉え方によるんだと思います。

本の感想は千差万別。「作者の意図を解するか」という事も、その中の1つ。
その場合はシビレッタの言い分は良く判るし、ナッツと秋元さんは作り手の
言い分を一方的に押し付けているように見えますよね。

一方で、思想書や論文だと、読み手にとって都合の良い部分を抜き出されて
紹介されてしまう事がありますよね。

例えば、鹿野 司さんの本によれば、ダーウィンの進化論は「環境が変わると、そ
れに収まりの良いように生物は変わる。進化とは“バリエーションが増える”という
事で、その発生は受動的なもの」としているのに、これを「環境の中で勝ち残って
きた者が生き残ってきた=適者生存(弱肉強食)」と捉え、スペンサーの社会進化
論も合わせて適当に解釈し、弱肉強食が自然のルールだから、社会の格差が出てし
まうのも当然、みたいな論調が発生した事があったそうな。
まぁ、これもかーなーり、原文をハショって書いてますが(笑)

シビレッタが利用するのは論文ではなく(笑)、物語ですが、
そういう風に「文章が悪用される事がありうる」という事が頭の片隅にあると、
シビレッタには同調できない面も出てくるわけですね。
本で人をぶん殴っておいて、「どう使おうが勝手」は無いだろう、みたいな。

どちらを軸にして見るかは、各視聴者が経験に照らし合わせて捉えれば良い訳ですが、
問題は作り手のほうが、そういう意図で話を作ってなさそうなところなのですが(笑)

※新シリーズでは敵方に、もう少しストーリー上で救いがある話にして欲しいです(^^;)

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:4
[Yes!プリキュア5 GOGO!
帰ってきた○○

少し早い忘年会で呑みすぎ、激しく頭痛に襲われています(^^;
なので、あっさり目に雑記を。

【TEUCHI LIVE情報】
 オリエさん五條さんのところで告知がありましたね。
行かれる方は、1部と2部どちらに行かれるんでしょう?

一伸さんは一部のみとのこと。
ライブチケットは12/10までに所定のメールアドレスに申し込みメールを
送り、12/26以後に送られた返信メールに記載された方法で入金するとの事。

詳しくはTEUCHI LIVE出演者の方々のblog等で。

そして、このLIVEにかこつけた、某鳥的集いは・・・?
いろいろ不確定だと思うので、さりげなく書いておきますが(笑)

【高寺成紀さんの話】
TEUCHIとは全然関係ない話ですが、発売中の特撮ニュータイプに高寺成紀さんが
これまでに手がけた番組が2頁に渡って紹介されていました。

高寺さんと言えば、仮面ライダークウガや響鬼のプロデューサーですね。
諸般の事情で響鬼を途中で降板し、東映を退社されていたのですが、近々、映像
作品を発表するそうです。

楽しみですねぇ。

Posted by 黒森コウ
comment:3   trackback:0
[雑記
買ってしまった

ああもう、普通に店頭で買ってしまいましたよ。
どうせヨドバシの秋葉原で、買う人多いだろうし、そのうち1人が私だって
いいだろう、みたいな勢いで。
後でMP3に落とさないと。
でも、発売されたばっかりのCDってCD情報がfreedbに登録されてなくて、
タイトルやタグが取得できない事が多いんですよね。(リッピングはEAC

どうしても聞きたい曲は取得せずにMP3化してしまうので、携帯プレイヤーには
“TRACK1”みたいなファイル名の曲が山ほど溜まってます(^^;)。

CDからリッピングしなおすと時間がかかってしまうし、どうしよう。
EACでwaveファイル+cueシートとして吸い上げて、後でMP3化+タグ取得って
できるのかしらん?

え、画面のほうですか?何故か、撮影してたらノイズが乗ってしまいましたが、
何が映っていたのかよく覚えてません。
なんだかフレッシュな感じですね。噂では念写の成功例がそこかしこにアップさ
れているという事ですが、早く見たい人はもう見ただろうし、あえて正式発表まで
待ちたい人は、わざわざ当blogで見たくないでしょうし・・・という事で、ノイズ
はほったらかしにする事にしました(笑)

しかし、ヨドバシ秋葉原店は何かと物欲を刺激されてしまいますねぇ。

先日、にこにこさんで

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[雑記
Yes!プリキュア5 GoGo!感想:第41話「りんちゃんイケメンとデート!?」


さようなら、私の初恋・・・・・(by水無月会長)

先週の予告で、なんちゅうサブタイトルかと思いましたが、
超美麗すぎる川村作画に、そんな思いは吹き飛び、
ブラウン管に向かってまず土下座ですよ。

【あらすじ】
道すがら、アクセサリを大量につけた青年とすれ違う りんは、ナッツハウスで
その青年の事を話題にした。
アクセサリはつければいい、というものではないのだ。

「アクセサリは、おしゃれの為だけにつけるものなのか・・・?」

思いもよらないナッツの言葉に、自宅に帰ってからも途惑う りん。
店番をしていると、百井が訪れた。

「なにかお悩みですか?もしよければ相談に乗りますよ?」

その頃、ナッツハウスでは望達が、先ほどのナッツの言葉について話し合っていた。

「私が、りんちゃんのアクセサリを好きなのって、かわいいとか、きれいとか、
 それだけじゃなくって・・・・・うーん、なんだろ・・・・。」

言葉に出来ず、もどかしい思いをしながらも、望は何かに気がついていた。

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:4   trackback:6
[Yes!プリキュア5 GOGO!
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。