同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
炎神戦隊ゴーオンジャー 感想 最終回「正義ノロード」


これはPRoject.Rの皆さんのサイン♪

なかなかエントリに挙げられなかったゴーオンジャーですが(^^;)
なんだかんだ言って特歌祭4やProject.Rのライブやゴーオンvsゲキレン映画に
行ってみたりと例年よりもお金突っ込みましたねぇw

2008年のニチアサで一番好きな番組でしたよ。

総括はまた、去年みたいなカタチでやってみたいと思うのですが、とにかく最終回。
基本的に、48話「正義カイサン」、49話「最終決戦」でクライマックスでやる
ことを、ほとんど済ませてしまったので(^^;)

残るはデウスハグルマギアの破壊とヨゴシマクリタインを倒すこと。

番組が始まって、アバン。

「あいつ、さっきより、強くなってるっす!」 
「強ければ強いほど、やる気出る出る!」 
「一度でダメなら、何度でも決めるだけさ!」

第1話で、ショクキャクバンキを前にして叫んだ、3人の言葉の再現。

ホントにゴーオンジャーって番組はこういう構成が上手いというか。
「自分ら勢いだけですから」みたいなフリしといて、器用なことも
するんですよね。

1話セリフの再現は、ありがちと言えばありがちですけど、ゴーオンで
そんな事すると思わないじゃんw

そして、

同期のプリキュアさんより息の合った連携プレーと
同期のプリキュアさんより優れた知能プレーと
同期のプリキュアさんよりスポンサー孝行な商品駆使により、

デウスハグルマギアを、番組開始2分で破壊!
主題歌はこの後すぐ!!
あたし完璧!!!

そして、再度終結する、ゴーオンジャーとゴーオンウィングス。

 【続きを読む....】

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[炎神戦隊ゴーオンジャー
炎神戦隊ゴーオンジャー GP-38 感想:「乙女ノホンキ」

ふたりでナントカ!

参考文献(笑)

みんなの夢をかなえてくれる炎神戦隊ゴーオンジャー。
この回は咲&美翔もとい、早輝&美羽そして、ベアールによる真・G3プリンセス話でした。

鶴ひろみが声を演じるシャワーバンキ。
ちょ、ドコ捻ってるの!?と突っ込みを入れるまもなく退陣するも、次々と動けな
くなっていくゴーオンメンズ&キタ様。

アニが何気に「燃え尽きたぜ・・・真っ白にな・・・」ポーズなのがわらかしてく
れます

そのアニを見てヘタれる銀の翼を、スマイル満開で励ます黄色!
どこまで本気なんだスタッフは(笑)

叱咤するベアールはフラッピポジション?

その後、ベアールもゴローダーGTに入って大活躍。
ホントにいいアイテムですねぇ>ゴローダー。

再度攻め込んできたシャワーバンキと戦闘員ウガッツたちに対し、早輝達は落とし
穴と走輔たちの人形をデコイに使う作戦で応戦!

この時のゴローダーinべアールの登場の仕方、ギンジロー号の外で(ウガッツが走
輔達を倒していると信じ)鼻歌交じりに鏡見てるシャワーバンキの絵が面白かった
ですねー。

最後の戦闘はお待ちかねの真・G3。
でも、ちょっとケガレシアが入っていないのは一抹の寂しさがありますね。

そう言っても、スーツアクターさんの素晴らしい演技とCGが冴えるアクション
シーンは良かったです。

お互いを抱えてシャワーバンキに蹴りを入れるシーンは、早回しにしたほうが見栄
えが良かったんじゃないかと思いますが・・・。

等身大戦闘の最後、3人でぶちかましを決めた後、上昇して急降下。
シャワーバンキも頭の酸性シャワーで応戦するも、美羽が凍結させ、早輝が打ち砕く!
そして3人でシャワーバンキを強襲。

テンポ良くて見ごたえがありました。

Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:1
[炎神戦隊ゴーオンジャー
炎神戦隊ゴーオンジャー GP-36 感想:「走輔...トワニ」

みんなの上司

ヨゴシュタイン・・・・・・・・!

Amazon
炎神戦隊ゴーオンジャーおあそび炎神CDブック (小学館カラーワイド てれびくんカラーワイド  スーパーV戦隊シリーズ)
本日よりエンディングもサードラップ解禁!
このCDブックにフルコーラス収録されています。
ギターアレンジがカッコイイです。

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:2
[炎神戦隊ゴーオンジャー
炎神戦隊ゴーオンジャー 第31話感想:「歌姫デビュー」
胸の薔薇は秘密の印!
大翔300

これはやっぱり「フローラがラスボス」説の証拠でしょうか(笑)

今日、キバ&ゴーオンの映画を見てきました。
近場じゃ上映をしている最後の映画館です。

しかし・・・キバの、エンドロールをwktkしならが見ていると・・・場内が明るく・・・・。
え・・・・?モモタロスは?リュウタロスは・・・・・・・??

「まっかっか城」が上映されませんでしたorz
そんなん、あり・・・・?
映画の感想はまた後日。

[あらすじ]

突如現れた未知のモンスター。
ボンパーによればガイアーク反応は無いという。

ゴーオンジャーのスーパーハイウェイバスターも
ゴーオンウィングスのウィングブースターも通用しないどころか、巨大化してしまう!

その時、どこからともかく流れてくるギターの爆音!
見上げるとソコには、ギターを持ったガイアークの3大臣!

「今回は皆で歌いまくるゾヨ~♪」

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[炎神戦隊ゴーオンジャー
炎神戦隊ゴーオンジャー 第24話感想:「最初ノエガオ」
とうとう、サキが精霊のチカラを使い出しました。
大地の精霊よ・・・・
べアールは普通に書けば良かったよ・・・・・。

早輝が時折口にする言葉「スマイル、スマイル」
それは子供のときに森で出会った、少年から教えてもらった大切な言葉であったというお話。

それにしても、前回倒されたヒラメキメデス。
怨念となって11のブレインワールドを彷徨って“伐鬼(ばっき)”と意気投合って、生きてた時より
自由になってるのでは(^^;)。

割とこういう、いつもとは違う敵が出てきて、ヒーローが苦戦したりする話を見るのが大好きな
ので(鬼)、楽しめました。

あっさり別系統の敵を出せてしまうなんて、ゴーオンジャーという番組に出来ないことは何も無い
のかも知れないですねぇ。思えば、ぷーこりんの話だってブレインワールドとは無関係に宇宙人
だったし。

森の破壊者“伐鬼(ばっき)”にはゴーオンジャーの武器が通用しませんでした。
最初に会敵したイエローは少年を守ろうとしながらも、苦境に立たされます。

・・・・・・・・。
すいません。
単にイエローだから通用しないのかと思ってました。

少年が、早輝の思い出の中にある少年とそっくりで、その正体が千年杉の精霊だったという
展開は、もはや古典的と言えますが、テンポのよさとビジュアルの美しさもあってキレイに纏まっ
てたかと思います。
いや、早輝が異常に可愛く撮られてたとか、そういう話じゃないですよ(笑)
その意味でも去年の黄色より優遇されてますがっ

再び、“伐鬼(ばっき)”にレーシングバレットを放とうとする早輝。
少年もバレットに手を添える。
呼応するかのように、森の木々から発された光が、ふたりに集まる・・・・・・・・・。

ちょっ

それなんてツインストリームスプラッシュ?

倒された“伐鬼(ばっき)”にヒラメキメデス改めウラメシメデスが取り憑き、巨大化。
エンジンオーG9+食塩で撃退。
さらばウラメシメデス。
でも天に昇ってっただけみたいだから、また逢えるよな・・・・(T^T)。

そんなこんなの。
背景の森が涼しげで、夏休み感全開なゴーオンジャーでした。
Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:2
[炎神戦隊ゴーオンジャー
炎神戦隊ゴーオンジャー 第23話感想:「暴走ヒラメキ」
サーフィンラム!(←→+両Tボタン)

ああっ。
ゴーオンジャーの感想を書くのは4話以来なのですねっ。
6月から再開すると言いつつ、なかなかペースが掴めず・・・。
まぁ、ぼちぼちやってきたいと思います。

今回の「暴走ヒラメキ」は、前回の「最後のノゾミ」から続くヒラメキメデス逆襲編。
敗走したヒラメキメデスは、かつてヨゴシュタインから受けた恩義に報いるため、己の全てを賭けて、ゴーオンジャーとゴーオンウィングに挑む!

ヒラメキメデス・・・お前・・・・・・。

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[炎神戦隊ゴーオンジャー
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。