同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
超電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦 感想

入場者特典。受け取らずに通り過ぎようとしたら
「仮面ライダーをご覧になるお客様~!」と呼び止められた(笑)

・・・ああ、溝口琢矢(良太郎)、上手いなぁ・・・。

今作では主人公の良太郎役が、佐藤健から溝口琢矢に変更。
溝口琢矢は最初の映画で子供のときの良太郎役で出演してたので、これ以上の
キャスティングはないと言えますね。
しかも子供化にはハナ(白鳥百合子→松元環季)前例がありますし。

キャスティング変更は成功だと思います。かつて、白鳥百合子降板でハナ役を
松元環季が継いだとき、白鳥百合子の演技、特に喋りのイントネーションを再現
するという技に出て、視聴者のド肝を抜いたのですが、溝口琢矢も佐藤健の演技を
再現してくるんですよねぇ。相変わらず最近の子役は凄い。

松元環季が喋りだしのイントネーションを意識的に似せていたのに対し、溝口琢矢は
会話の中で良太郎らしいイントネーションが散見されるようなイメージ。
だから初めのうち、「似せるといってたけど、そうでもないのでは?」と思ってた
けど、徐々に面影を感じるようになって来ました。

そういう印象を持つのも「演技を似せる」という話を事前に読んでたからかもしれませんがw

なんにせよ、「外見は子供でも人格は19歳」という役をこなしていて、今回の
お話上の主人公のユウとの出会いから、デンライナーに導くまでの雰囲気作りに
一役買ってたと思いますね。

突然の田舎暮らしに馴染めずにフテ腐れてたユウにとってみれば、助けてくれた
自分と同じような歳の少年が、周りの大人達と対等に、自分の意思で何かをして
いるのは、ある意味衝撃的だった筈で、「ひょっとしたら自分にもそれが出来る
んじゃないか」と思ったかもしれません。

だから、デンライナー車中で、オーナーに取引を持ちかけたりするんですね。

もし良太郎が外見も19歳だったとしたら、「良太郎がユウを保護する」という
色が強いお話になってたかもしれませんし、脚本に変更が無かったとしても、
ユウが「助けられたクセに我侭な子供」に見えてたかもしれません。

デンライナーに来るまでの間に、戦えなくなった良太郎が周りにテキパキとした
指示を出しているのを視聴者は見て慣れてしまったる訳で、質は違っていても、
そういう大人びた態度に出ても悪印象にはなりにくいですよね。

脚本どうこうより、視聴者の印象に対しての影響が大きいかも。

最初は良太郎の言葉を突っぱねるユウですが、鬼が再度襲ってきたとき、自分の
意思で、

「祖母を巻き込まないように鬼をおびき寄せた上で、デンライナーに向かう」

新しい旅立ちの物語に相応しい展開だ思いましたねー。

 【続きを読む....】

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダー電王
仮面ライダー ディケイド 感想 第14話「超・電王ビギニング」

S.H.FiguartsのNEW電王は心底買って良かったと思う。出来がエエ。

しかし、どさくさ紛れに『士vs夏みかん』を実現してしまうとは・・・w

シンケンジャーのトコでちょっと書きましたが、放送当日はリアルタイムで
ニチアサ見てて、シンケンジャーの3つ巴バトルに感心した余韻醒めないまま
見てしまったのと、
ディケイドで思い入れのあるライダーが出てきたときにありがちなんですが、
初見の人が楽しめてるのかなぁ、というコトばっかり気になったのが重なって
素直に見られなかったです(笑)

その後、ayumieさんとやりとりがあって、楽しめた、と仰られていたので、
「おお、ちゃんと楽しめる要素のある番組になってたのね」と安心してその晩
見返しました。

面白かったです(笑)。

なんとなく、第1話の再現のような印象を受けました。

それより、この私のこういう、主体性の無さを誰か何とかしてくれいっ(笑)

今回の電王編は、今までのシリーズとは趣が異なっていて、主人公たる
“リョウタロウ”がいないことと、サブキャラ郡が原典版と同一設定かつ
キャストも同じという、(ディケイド的には)異色作。

夏みかんをナンパした男は尾崎っぽかったですが。
産地直送って・・・・w

基本的に原典版の電王と、昨日から公開になった映画「超電王」と地続きになっ
ていて原典と何も変わってない」とも言えるのですが、一方で、クウガ編以来と
なる崩壊現象が起きたり、夏みかんが、


 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:0
[仮面ライダー電王
「デンライナー宇宙へ」&「さらば仮面ライダー電王」

ちょっと前に見てきたので、ネタバレにならない程度に感想書きます。

「さらば仮面ライダー電王」公開にあわせて東映BBで特設ページ開設中

【仮面ライダーキバ&電王 デンライナー 宇宙へ!】
映画ではなく、プラネタリウムの上映プログラム(上映時間25分)です。
全国8箇所のプラネタリウムで上映中です。上映館は公式サイトをどうぞ。

公式サイト

見に行ったのは、自宅から比較的近いところにある「さいたま市青少年宇宙科学館」です。場所によって、全天周デジタル版だったり、VTR+スライド版だったりするようですが、ここは運良く全天周デジタル版でした。

このプラネタリウムは、座席を通常の劇場のように一方向に並べ、ドームを少し傾けた傾斜型なので、こういうコンテンツに向いてる形状と言えると思います。
全長23m、高さ17mと大きいですし、設備も新しくてオススメです。

内容は一言で言うと、「キバ&電王キャラを使った学研風科学まんが」というノリで、キバのキバットと電王の4人のイマジンがデンライナーで宇宙に行って掛け合いしながら太陽や惑星の解説をするというもの。

掛け合いは、なんとなく別取りしたような雰囲気?
「モモタロスの夏休み」みたいなテンポで、さすがに電王劇中の雰囲気までは再現しきれなかった感じですし、動くのは基本的にライダーで、イマジンはフキダシの中の写真のみだったのは、ファンとしてはちょっと残念だったかもしれません。

※ライダーはキバのキバフォーム、電王の各フォームが登場。
 出演はキバット&4イマジンのほか、渡(瀬戸康史:声のみ)が少しだけ出ています。

まぁ子供向けである事を考えれば妥当ですけどね(^^;)

しかし、プラネタリウム全天を使った演出は迫力がありました。
映像はドームの内側に投影されるのですが、流石に専用設備を使っているだけあって歪みが抑えらおり、キバの主題歌が使われるオープニングや、天頂付近から降りてくるデンライナーが視界一杯になって目の前を通過する映像はファンなら一見の価値ありです。

特に埼玉は12/7で終わりなので、お早めに。

【劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン】
通常は1作のみ作られるライダー映画が、異例の3作目。
見終わったあと、思い入れとかいろいろ混ざって、音が出ない程度に拍手してしまいましたよ。場所が場所だったら大拍手してたと思います。
ジークの登場や、緩急のついたドラマ、クライマックス付近のカタルシスなど、今までの電王映画で足りなかった部分がようやく揃い、ようやく自分の中で電王が一区切りついた感じです。

M良太郎の登場シーンはグッと来ましたねぇ・・・。

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダー電王
モモタロスのまっかか城の王 第1話 「魔界城の謎を解け!」
今度から、ぜひこういう番宣で。
まっかっか城1004
リュウタ:「キバ終わっちゃったの~?」
くるみ :「プリキュア5go!go!を見ればいいのよ」

キバの、クイーンと音矢のシーンを見ていて「なるほど、こう来たかぁ・・・(記憶喪失はともかく)」と思っていたら、あの電車のチャイムが・・・・。

「俺、ひさびさに参上!」
「ねぇ?キバ終わっちゃったの~?キバ見てたら変なの出て来るんだもん」

ちょっ・・・・いや、7月からモモタロスがキバ映画の紹介をするという話は聞いてたけど、まさか4イマジンが勢ぞろいするとは・・・。
っていうか、なんですか、この剛速球(笑)

1分間を4イマジンの掛け合いに集中したせいか、むしろ春の映画「クライマックス刑事」よりも電王濃度が高かったような。ウラも相変わらずだったし。

「おおーい!!」

キンちゃん!!

「出発やで!ボンボン!!」

ギンジロー号じゃないか!!!
てか、「ボンボン」じゃねーーーーーーーー(笑)

その後のキバットによる「デンライナーは出発した」というナレーションも超強引で良かったです。

それにしても、最近ちょっと電王関係はチェックをしてなかったのですが、
10月に第3弾映画がある、という噂が出始めてたんですねぇ。
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダー電王]  thema:仮面ライダー電王 - genre:アニメ・コミック
【当たり障りの無い感想】見てきたよ、クライマックス刑事
行って良かった。
まぁ、“クライマックス刑事”なんて、タイトルがついている時点で皆さん大体の方向性は掴めてるでしょうし、実際そうなんだけど、それでも、ほんのひとさじ加える靖子さん。
欲を言えば、上映時間がもっと欲しかったな。ちょっともったいない感じ。

とは言え、エンターテイメント的な面では出し惜しみをしないクライマックスぶり。
個人的にTVシリーズで「この設定はこういう事なのかな?」と思ってた事がいくつか
画面に出てきて「おお!」とか「おおーー」とか思いながら画面に食いついてましたよ。

今回の敵、ネガタロスはTVCMで見た人も多いかと思います。
第一印象は「モモタロスの色変えかよ!」とこっちがネガタロスになりそうだったのですが、喋ると、喋るとね・・・・・・・

「緑川ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああ」(Byやっぱり島本和彦)

と、非常に良かったです。堪能しました。

公開初日なので、このぐらいで。
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダー電王]  thema:仮面ライダー電王 - genre:アニメ・コミック
「仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」を見に行かなくちゃだわ
▼本日から上映開始!▼
ゼロノスも描きたかった・・・・
▲ペン入れする時間も取れなかった・・・・・▲

※念のため書いておきますが、上図はイメージ図で、映画本編とは関係ないです(^^;)

「仮面ライダ電王&キバ クライマックス刑事」 、いよいよ今日から上映ですね!
もう見てきた人もいるでしょうし、舞台挨拶に立ち会えた人もいるんでしょうなぁ。
うらやましいですなぁ。

私も今日か明日に行ってきます!
早くても今夜かな。

ひょっとしたら、元Vシネマという事で、ある程度割り引いて見る必要があるのかもしれないですけど、やっぱりアノ面々だし、以前書いたとおり小林靖子さんファンなので、小林脚本で動くキバの面々が楽しみだったりします。おまけ映画もあるしね。

ところで、上の絵は紙に描いたものをスキャンしものですが、ゴミ取りの為にガンマ補正やレベル補正をしたら・・・・

 【続きを読む....】

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダー電王]  thema:仮面ライダー電王 - genre:アニメ・コミック
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。