同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
仮面ライダーW 第15~16話:『Fの残光』

15話「/強盗ライダー」
16話「/相棒をとりもどせ」

うーん面白い・・・・(笑)

いろいろあるけど、アームズ・ドーパントに返信した倉田役の西興一朗さんの
いかにも悪役的な演技が大きいよなぁ。笑い声がたまらない。
妙に耳障りのいい声だったし。

アームズ・ドーパントは見た目からして北斗の拳のジャギでしたが、やることも
ジャギでしたね(笑)
翔太郎を吊り下げて亜希子に支えさせるとか、どんだけ世紀末悪役なんだ・・!

倉田は元々、「人を傷つけない」というルールを自分に架して盗難を繰り返して
いただけあってかなかなかクレバーで、Wを敗退させてしまいましたね。

翔太郎も町の人がつけてくれた「仮面ライダー」という名前を傷つけられて
冷静さを欠いていた事もありますが。

しかし、そういった事柄がフィリップにファング・メモリを使うことを決意させる
事になる展開は、オーソドックスながらお見事。

ついでにフィリップの本名バレとそれ自体が次回以降の伏線になっているとか、
もうね・・・。

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダー W
仮面ライダーW 第13~14話:『レディオでQ』

第13話「/狙われたプリンセス感染車」
第14話「/生中継大パニック」

な・・・・若菜姫がいつもの3割増しでカワイイぞ・・・・。

人気キャスター、若菜を追い込む行動を取る、バイオレンス・ドーパント。
怪しいのは、若菜の癇癪に耐え続けるマネージャーの上尾と、優しい口調ながら、
何かと、自分が優位であることを強調する先輩キャスター素子。

視聴者を追い立てるような作風ではないので、時々忘れますけど、展開早いですよね、w。

もう、過去の若菜とフィリップとの関係を描くんだ、と思いました。
映画との兼ね合いもあるかもしれませんが、謎そのものでなくて、それにまつわる
ドラマを重視する意図にも感じられて好感が持てます。

事件は若菜の先輩キャスターに唆されたマネージャーが犯行に及んでいた、と
いうものでした。

リアルタイムで視聴してたときは「どっちかが犯人なわけね」という風に見てい
たので、両方が絡んでたというオチは驚きましたねぇ。

おお、そういう話もアリなんだ・・・・。

シンプルといえばシンプルな構図なんですけど、ガイアメモリの精神に対する
影響と設定とスピーディな展開もあっていい意味で視聴者を迷わせてくれたと思います。
さらに、若菜の先輩、素子アナウンサーの豹変ぶりがまた凄くて、説得力が倍増(笑)

この番組は怖い姐さんがよく出てくるけど。
幼少時に、こんなん見ると、将来、軽く女性不信になったりすると思うな(笑)

他所のblog様でも書かれていたけど、過去の事件の被害者が再登場していたのは
良かったですね。フレッシュプリキュアでもそうなんですが、街という舞台その
ものに存在感や説得力が増すと思います。

霧彦さんは久々に悪役っぽい事をしてたし、園崎家の人間関係など、登場人物が
余すことなく描かれていて、今回も面白かったです。

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:1
[仮面ライダー W
仮面ライダーW 第9~10話:『Sな戦慄』

第9話「/メイド探偵は見た!」
第10話「/名探偵の娘」

インタビューで
「武器の説明等、番組立ち上げのために必要な“ノルマ”からようやく離れられたエピソード」
みたいな事が書いてあったので、肩の力を抜いたお話になるのかと思ってたら、
どうしてどうして、盛りだくさんな内容でした。

Wと園崎家の顔合わせ、鳴海親娘の関係性と、映画「ビギンズナイト」への伏線。
翔太郎は「“おやっさん”を殺したのは自分」と口にしましたが、第1話の冒頭
シーンが、おやっさんの最期のシーンでは無いという事でしょうか。

その、おやっさんは映画CMで顔バレしてましたが、吉川晃司が演じるそうで、
これは意外な配役。特撮雑誌であれやこれやと記事が書かれてますが、劇場公開
のお楽しみですね。

幾人ものケーキ職人が消息を絶っている屋敷、園崎家に潜入した鳴海亜樹子。
心配して来た翔太郎を顔芸で追い払うのが小憎らしい(笑)

10話では依頼人が傷ついて落ち込んだものの、翔太郎も同じ事で、おやっさん
からどやされた話を聞いて、一大奮起(核心を話そうとした翔太郎は空振り)。

「依頼人は必ず助ける」

その思いは、推理ショーという斜め上方向に突き進んでしまいましたが(笑)、
正体を現したスィーツドーパントから体を張って依頼人を守ったところを見ると、
決意は本物だったようですね。

なんか

ちょっと

カッコいいぜ

亜樹子。

その代わり、Wヒートメタルの必殺技は極めて気色悪かったけどな(笑)。
ブラウ・ブロか、オマエわ。

園崎家の面々は、園崎パパは高笑いしてただけなのに、変身したらあんなに
頭がデカいのに、えれぇ強そうです。展示物と過去のドーパントの一致に動揺
する翔太郎が良いですね。

博物館の中で、翔太郎と素顔同士で出会うシーンもあって、これからが楽しみです。

そしてひたすら不遇な霧彦さん。

妻だってWを取り逃がした事があるのに、何故にその妻から御仕置きを受けねば

ならないのか。

戦う婿養子、霧彦さんに幸多からん事を(笑)。

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダー W
仮面ライダーW 第7~8話:『Cを探せ』

7話:「/フィリップはそれを我慢できない」
8話:「/ダンシングヒーロー」

うーん。
ゲストキャラは、もうちょっと何とかならなかったんでしょうか(^^;)?
この点以外は面白かったんですけど。

依頼者側のダンサー2人、コックローチドーパントのオタクにしても
描き方があまりにステレオタイプでほとんど共感できない・・・・。

コックローチは悪役だから置いておくとしても、
依頼者は音楽が流れたら脊髄反射でダンスに没頭ってなんなの(^^;)
やたらと感情任せだし。

あれがリアルだと言うならそれでも良いけど、社会人でヒーローの翔太郎が
もうすこし咎めるのも?番組内リアル?だと思いますけどね・・・。

そのほかの部分では、今まで、

「2人変身なのに、それぞれが別の場所にいても変身できるんじゃ盛り上がらない」

と言われてたのに対し、別の場所にいるが故の危機を描いたのは見事すぎですし、
555やカブトとは逆に相手のほうが動きが速い戦いは見ていて面白かったです。

動きが速い相手との戦闘はディケイドでもやってましたけど、Wなりの戦法を描
いてくれましたし。
8話序盤のヒートの使い方が良かったですねー。

それにしても。

同じく8話での後半。
「右半身だけ踊るW」とは・・・
高岩さんの進化はどこまで続くんだ・・・。

あと、霧彦さんがプリキュアの敵キャラみたいな立ち位置になってましたねwwww
そのうち報告書とか書かされるに違いない。

Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:0
[仮面ライダー W
仮面ライダーW 第5~6話:『少女…A』

5話:パパは仮面ライダー
6話:嘘の代償

アノマロカリスって歯を飛ばせるんだっけ(^^;)??

ボディガードをする事になった市議会議員「みやび」は、娘の「あすか」に、
死んだ父親は仮面のヒーローになったから帰ってこれない、と教えていたため娘は
現われたWを父親に見立ててしまう。

最近プリキュア好きが発覚した霧彦さんとWの戦いが良かったですね。
敵幹部との初戦ではヒーロー側が手も足も出ない、というのが最近の定石ですが、
そういえばWは1年間戦ってきた訳だもんなぁ。

オールライダーじゃシャドームーンを一蹴した訳だし。

むしろ霧彦のほうが「そうか・・・バカだからか・・・!」と何か得るものが
あったようで。

脚本の三条陸さんといえば、私は「ダイの大冒険」でしか知らないんだけど
あれは敵役にもしっかりドラマがあって、敵も挫折したり成長したりしてたなぁ。

って、ググッたら、三条陸さんって須田留貧だったの!?

月刊OUTの!?
ヨモスエ警備隊の!?

びっくりだわ・・・・。

アクションは全般的にWの「半分こ」が上手く生かされてて唸らされますね。

物語は、「明日香」が成長して事実を知るまで、「パパが戦っている」という
期待を裏切れない、と翔太郎が決意して幕。

人間的に甘いところの多い翔太郎ですが、好感持てますよね。
興味無さそうにしながら、あすかの父親の「あいさつ」まで調べてた
フィリップ、ウォッチャマンやサンタちゃんから情報を仕入れてた亜樹子と、
それぞれいい動きだったと思います。

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[仮面ライダー W
仮面ライダーW 第3~4話:『Mに手を出すな』

3話:天国への行き方
4話:ジョーカーで勝負

「残りのカードはいらねぇ、俺自身がジョーカーだからな」

うわー
くさー

かっこええ(笑)

翔太郎とフィリップの間柄が「役割分担」に留まらずに心理的な支えになってて
ちょっとグッと来るお話でしたね。

亜樹子のいらん突込みで裏カジノ「ミリオンコロッセオ」で勝負する事になった
フィリップはマネー・ドーパントの「ライフコイン」と自分達の「ガイアメモリ」
賭けてルーレット勝負する。
ギャンブラー加賀泰造を、常人離れした眼力と「地球の本棚」で得た知識で圧倒
するが、加賀が苦し紛れに「被害者の家族に頼まれでもしたのか?」という言葉に
動揺し、窮地に陥ってしまう。

うーん、面白いですねー。
最初、見ていて、加賀はわざと負けてるのかと思ってたので、本当に負けてた
のはビックリでしたが、「家族」という言葉を使っても不自然さを感じないシチュ
エーションになってましたし。

加賀のほうは「家族」という言葉を「何かトラウマがある」ぐらいにしか認識して
ないようですけど、それでもキッチリそこを突いて勝ち星を取ってくるのも、ギャンブラーっぽいですね。翔太郎を寄せ付けないし。

加賀に手も足も出ない翔太郎。残り手札は1枚の絶体絶命。
フィリップが静かに目を閉じ、次の瞬間、加賀の手に残ったカードは、

加賀に敗北を告げるジョーカー。

いい・・・(笑)

だいたい、今回、「家族」や「サンタちゃんの贈りもの」がエピソード中で
使われると思ってませんでしたので(^^;)

家族は今後の伏線、サンタちゃんのプレゼント至っては「こういうお遊びも話に
からめてくれよな」とか思って見てましたから(笑)

なんというヌレギヌ。

だって
だって

コレ悲しいけどニチアサですから。
鍛えられちゃってますから。シュ。

みたいな。

今期についてはフレプリ、シンケンと、そういう部分では信頼してたハズなのに、
いやー、長年の習慣ってコワいですね。

あと、ラストの事務所での若菜のラジオ聞きながらの
「俺たち仮面ライダー!?」
「仮面ライダー、W♪」

というシーン。
こういうメタなネタが大好きです(笑)

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:2
[仮面ライダー W
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。