同人サークル☆かむてーるの活動報告と、特撮・アニメ感想をするblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 黒森コウ
 
[スポンサー広告
フレッシュプリキュア!感想:第50話(最終回)「笑顔がいっぱい!みんなで幸せゲットだよ!!」

今更、とか言われてしまいそうですが、とにかく最終回分です。

もたもたしてるウチに、今週末はDX2ですね。1年たつのはえー。
DX1じゃ、いかにもルーキーだった桃園さんたちも、DX2では貫禄が
出てきたと言う風の噂で。


迎えた最終回。

48話の感想でも書いた事ですが、平行世界を全て救うという壮大な話の規模から
すると、ラビリンスをはじめとした人間が少なくて、スペクタクル感が削がれて
いる感も有ります。

しかし、そういった一般の人間一人一人、個人が判別出来る水準で描きこまれて
いるのを見ると、ひょっとしたらマッチ棒にグレー一色で塗りつぶしたような、
「その他大勢」な表現をしたくない、という意図があったのかもしれませんね。

Bパートで、ダンス大会の観客が集まってくるシーンで、群衆の中からクローバー
タウンの住人が見分けつく事からもそう思わされます。

ダンス大会のあと、せつなは、ウェスターとサウラーと共にラビリンスに帰る事を
ラブに伝えます。思ったよりもずっと冷静に受け止めるラブ。

意外なようでも有りますが、しかし、フレッシュプリキュア本来のテーマは、

「本当の幸せ」

パッションとして生まれ変わり、桃園家に迎え入れられた せつなは、確かにラブに
よって幸せをもたらされた。

でも、言ってみれば、それは今まで得られるはずだったものを、取り戻したとい
う事にとどまります。

それでは、その先は。

ラブはミユキのようなダンサーに、美希はモデル、祈里は獣医になる夢がある。
(番組後半では夢に関する表現が抑えられてしまいましたが。)

対して、せつなは、夢を育むような原体験が無いためか、将来の展望を考える
事も無く、桃園家で過ごしてきました。

そんなせつなが、メビウス亡き後のラビリンスを見たとき、自分の将来を見出した
のもある意味必然と言える流れ。

ようやく、「将来を夢見る幸せ」に手をかけたと言えるんですね。
今まで得るべきだった幸せと、これから得るべき幸せ。

せつなにとっての「本当の幸せ」が、ラビリンスに帰る事で揃うわけです。
ついで言うと、受けるだけでなく、誰かを笑顔にするという事だって、幸せの
ひとつですしね。

そう見ると、ラブが別れを落ち着いて受け止めたのもよくわかる気がします。
せつなに対しては、家に迎え入れたり、ダンスに誘ったり、と半ば強引な行動を
しましたが、それは言わば、せつなが変わるための行動であって、逆に、せつなが
自ら変わって行こうとするときに、それを留めるための言動はしないんじゃない
かと思います。

ダンス大会優勝の後は、ダンスシーンに引き続き流れるEDテーマと共に描かれる、その後のラブ達の姿。

美希と祈里はそれぞれの道へ。

丘から街を眺め、ウェスター達と共にラビリンスへ向かいます。

そして、ラブもまた、日常へ。

身支度をし、両親に挨拶をして、学校へ向かう。

しあわせ、ゲットだよ!

と、いつもの口癖

こうして、ラブの涙で始まったフレッシュ・プリキュアは、
ラブの笑顔で物語を閉じたのでした。

まぁ涙と言ってもアレですけどね(笑)

終盤はEDテーマに乗せてフラッシュバック的に映像をつなげ、説明的な表現は控え
られてましたね。

家の前の家族全員での記念撮影。

せつなが自分の正体を、桃園家の親に告白する場面を見たかったのも確かですが、
過去の数々の家族エピソードと、「全員」での撮影、そして穏やかな笑顔が、そ
の場面を想像させてくれます。

また、あちこちで言われていますが、せつなが立ち去る直前、何かを呟いたとき、
無声だったのも、目頭が熱くなる演出でしたね。

後半のエピソードに一部、思うところもある番組でしたが、

毎週見続けてて、本当に良かった。

以後、折りたたみに、まとめ感想です。

 【続きを読む....】

スポンサーサイト
Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:0
[フレッシュ プリキュア
フレッシュプリキュア!感想:第49話「驚きの真実!メビウスの本当の姿!!」

世間からだーいぶ遅れていますが、もうしばらくお付き合いくださいまし、
フレッシュプリキュア。

メビウス総統の正体が巨大な管理コンピュータだった、という事もさることながら、
ノーザとクラインの正体も驚愕の事実だったんですが(^^;)

いままで、そんな素振りも無かったですし。

しかし、フレッシュの4人が倒すのは人間外に限る、という事なんでしょうね。
一方で、ウェスター達は元が他の生物という事はなさそうですが、メビウスが
パッションと対話した時に、「父であり、母である私(メビウス)に・・・」と
言っていたので、ラビリンスの国民は人工授精のような形で生まれてきたことを
匂わせています。

ラビリンスの描写は全体的に曖昧と言うか、煮え切らない感じがありますね。
国民がプリキュアに協力するようになった過程も、何かキッカケがあった訳では
無くて、最初から善良で協力的でしたし。

善良な人間のほうが支配されやすい、という皮肉という訳ではなさそうですが(^^;)

児童向けに、シビアな表現は控えたという事かもしれませんが、一方で児童向け
としては、メビウスの説明セリフが長かったり、ちぐはぐした感じ・・というか、
本当にやりたい表現と、児童向けアニメならではの制限の間での苦悩がにじみ出
ているようです。

それにしても、ラビリンスの国民、少ないなぁ。
これも効率的な管理の為なんでしょうか(^^;)

もっと大人数の国民が、大声援を送るシーンがあると盛り上がって良かったのになぁ。
モニター越しでもいいから。

ドラゴンボールの元気玉、というより、ウルトラマンティガの最終回のノリを
期待してたんですね(^^;)

いろいろ書いてしまいましたが、ウェスターとサウラーとの協力体制も整い、
お話はクライマックスへ。

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[フレッシュ プリキュア
フレッシュプリキュア!感想:第48話「最終決戦!キュアエンジェル誕生!!」

わーん、全然間に合わないや・・・
ま、ハートキャッチ始まるまでに終わればいいよね(汗)。

そういえば、すっかり忘れてたんですが、先週25日は当blogの
2周年記念でした(ぉーい)。

ここのところ、仕事が忙しかったりで不定期更新気味でしたが、
盛り上があるニチアサキッズタイムのおかげもあって、アクセス数も
コンスタントに頂いてますm(_ _)m

何故か、四ツ葉町プラモウォーズとか、ヘンテコな記事のアクセス数が
突然、伸びたりするので、自分で書いときながらニーズを掴みあぐねてる
のですが(笑)、まぁまた思いついたらねじ込んでみようかと思います。

過去の妄想記事は近いうちカテゴリ作って隔離しようかと思います。
そこそこ評判の良いのもあるので。

ちょっと手直ししたいのもありますが~。
書いてるうちに気恥ずかしくなってしまったのもあるので。
バンダイカーン様が出てくるヤツとかwwww。

しかし、そろそろネタ切れだなぁ。去年もそんな事言ってましたが。
持ちネタが乏しいので、
今年はリメイクに走るかもしれません(ヤメロ)。

ともあれ、3年目。スプラッシュスターです。

ご近所さんblog見てても3年目は良くも悪くも節目になる気配がぎゅんぎゅん
しますが、どっちかと言うと、まだやり足りない、とか物足りないと思ってる
トコがありますので、上手いことモチベーションに繋げられたらいいな、と
思ってます。ハイ。

某「BBSを応援しているサイト」様が閉じられてしまって残念な思いを
してる黒森でした。

前振り(ぉ)が長くなってしまいましたが、感想文を。

クライントノーザ様が合体して、なんだかティーン・タイタンズに出てくる
敵みたいな姿に!

バトルもなんだかカートゥーン・ネットワークっぽいぜ!

しかし、ティーン・タイタンズは何回か見たんだけど、この番組の“ロビン”が
バットマンのロビンだとは知らなかったなぁ・・・。

脱線してしまった。

敵の最上級幹部(ボスではなく)の最終形態、プリキュアの説教タイム等、
今振り返ってみると、「フレッシュ以前のプリキュア」の雰囲気に近い感じ
でしたね。

もっとも、公衆の面前でのバトル、驚きの映画バージョン、キュアエンジェルの
登場など、過去のシリーズが意図的に避けてきた事を成し遂げてしまうのも、
フレッシュ・クォリティ。
人々が見上げる空に佇む4人のプリキュアの図は好きです。

なんでベリーの翼だけロボ翼なのかは理解に苦しみますがw。

この回では、いままで愛される悪役であったウェスターとサウラーの復活も
ありました。
「君の手の温もりが・・・」等と言い出すサウラーに吹きましたが、いや、
だからこの美希×瞬エピソードを1話でもいいから(略)

(追記)「手の温もり」発言は49話でしたね・・・

西、南の復活について「なるほどねぇ」と思うところもあったので、最終回の
時に触れようかと思います。

Posted by 黒森コウ
comment:2   trackback:2
[フレッシュ プリキュア
フレッシュプリキュア!感想:第47話「世界が変わる!ドーナツが起こした奇跡!!」

最終回までに全員描けるだろうか・・・・。

ラビリンスが総統、メビウス様に統率された人々は、とても素直で良い人達だった!

ラビリンスの住人はもっと冷淡な感じだと思ってたんですが、なんだか牧歌的
な人たちでしたね(^^;)

タルトを手伝うラビリンスの住人を見て、違和感全開だったのですが、意外と
こういう従順で善良な人間のほうが管理しやすいかもなぁ・・・・とか、ちょっと
穿った眼で見てしまいましたが(笑)

しかし、これなら、ウェスターみたいな性格が許されるのもわかる気はします。

辻褄は・・・・辻褄はあってるんだよ!きっと!!

タイトルにもなったドーナツは、、一口食べて驚愕!みたいな逆転のアイテム的な
扱いになるのか、と予想してたんですが、手伝ってくれた皆にお礼として渡す、と
いうコミュニケーションとしての演出がなされていました。

地味だけど、和やかなムードだったし、「敵の陣営のキャラとのコミュニケー
ション」として扱われたのは、いかにもフレッシュプリキュアらしい描写だった
と思います。

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:0
[フレッシュ プリキュア
フレッシュプリキュア!感想:第46話「サウラーとウエスター 最期の戦い!!」

今週は立て込みそうなので、文章のみで失礼しますm(_ _)m

管理国家ラビリンス。本土決戦。
先鋒としてプリキュアを迎え撃ったウェスターとサウラーでしたが、
メビウスに裏切られ最終回を迎えずに(一旦?)退場となってしまいました。

ウェスターは・・・・と書き出して少々書きあぐねてしまったのですが、
改めて思うに、このキャラクターは、おおらかな性格に反してなかなか複雑な
キャラクターで、根底に

・ラブたちの世界にどんどん馴染んでいる
・ラビリンスの任務は気持ちを完全に切り替えて遂行する。
・せつなを“イース”と呼び続ける強い仲間意識。
・メビウスに対する忠誠心・依存心。
・ラビリンスという国家システムに対する信頼。

というような性格付けがされていて、今まで、それに沿った(と思われる)言葉を
発していました。

が、実際のところ、それがキャラクタとしての整合性なのか、「悪役」としての
役づけなのか、今ひとつ微妙でもあったんですね。

フレッシュは今までとは違うし、なんとなくキャラクタとしての整合性を持って
いそう、とも思えたのですが。

なにせ、今までのシリーズは、そういうキャラクタが大半だったし。

しかし、パッションに対して寂しげな笑顔を見せたとき、ああ、このキャラクタは
ちゃんと個人としての人格形成がされてたんだ、と、そういう意味でもちょっと
感動しました。

なんとなく、このあたりの言動を見ていると、四ツ葉町での生活とラビリンスの
生活がどっちも好きで、でも最終的に両立できなくなる事がわかっていたから、
上司から咎められないような領域では四ツ葉町での生活を思い切り楽しみ、
ラビリンスとして動くときはラビリンスとしての良識に従った言動をしてたんじゃ
ないかと思います。

まぁ、ウェスター自体が、自分の境遇を細やかに描写されるキャラクターでは
無いので、根拠のない話ではあるんですが、徐々に四ツ葉町に馴染む過程が
描かれていた事からして、深読みしていいキャラクタなんでしょうね、きっと。

そういうウェスターに比べると、サウラーは四ツ葉町から離れていたので、
ドラマ性は若干控えめだった印象ですね。
フレッシュの初期では、「メビウス様の下僕」という名乗りをしなかったり、
何かしら含みのあるキャラクタと思われていただけに、ストレートに脆さのある
キャラクタになってしまった・・・という感じです。

ああ、何か誤解があるといけないんですが、46話のサウラーに問題があった訳
ではなくて、サウラーがメインのエピソードがもう一つぐらいあれば良かった
のに、ていう意味で書いてます。

サウラーとベリーのバトルは、これまでにも何回か激突があったので、納得
なんですが、サウラーとベリーでは無くて、「南 瞬」と「蒼乃 美希」として
接する話があれば、サウラーとベリーのラストバトルにも一層深みが出たんじゃ
ないかなー、と思うわけです。 

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:5
[フレッシュ プリキュア
フレッシュプリキュア!感想:~第45話「4人はプリキュア!クリスマスイブの別れ!!」

我、生きずして死すこと無し。
理想の器、満つらざるとも屈せず。
これ、後悔とともに死すこと無し。

ああ、プリキュアが行く・・・・・・・(笑)

少々立て込んでサボってしまいましたが、フレッシュ感想をまとめてお送りします(^^;)。



第42話「ラビリンスからの招待状!」

FUKOのゲージを破壊すればシフォンがインフィニティになる事はない。
しかし、それには多大なリスクが伴う。

せつなとノーザの思惑、ラブたちの思いが交錯する中、
ひとり、“イースの帰還”を素で喜ぶウェスター(笑)。

今の時期にノーザがプリキュアの資格云々言うのはちょっと遅いのでは?
という気がしないでもなかったけど、最終回シリーズと言える年明けの
展開前に、改めて東せつながキュア・パッションであるという事を確定(決心)
させる話だったのかもしれないですね。



第43話「世界を救え!プリキュア対ラビリンス!」

フレッシュチーム、占い館にカチコミ。
ヤルとなったら、即、行動。
いきなり変身済みで門の前という最初からクライマックスな展開が素晴らしいw。

対するラビリンスはノーザの指揮で4段構えの作戦を展開。

それをアカルン、シフォンのチート能力で次々と打ち破るフレッシュチーム!

これはもう、メビウス様もノーザを叱れないレベル(笑)。

ラストシーンで、ノーザがシフォンの額から奪った光は、なんだったんだろう。
12/26現在の今もわからん・・・・・。
いや、シフォンを制御するものだってのは分かったけど、なんでそんな物が・・。

アンヨヌエボ作画は安定あっていいですね。



第44話「妖しき草笛!奪われたシフォン!!」

ダンスエピソード総決算?
ノーザの作戦は、同じ場所でナキワメーケとソレワターセを出現させたら、
陽動として機能しないんじゃないか、と思ったんですが、なるほど、ソレワターセ
は人間サイズだったんですね。

「優勝したら俺、ラブに・・」

と、いきなり死亡フラグを立てる大輔w

しかし、急ごしらえのチームで、いきなり優勝を前提にするとか、かなり無謀ですね(^^;)

そもそも、この大会は全国から猛者たちが集まってくる、トリニティを輩出した有数の大会では無かったのか。

トリニティが商店街アイドルなのでは、とかそういう事は置いておくとして(笑)

今回、ウェスターが繰り出してきたナキワメーケは、第1話でイースが使ったものと同タイプ。

第1話と、今回の話は対照的な展開である、という事を、ラジオでぽん吉さんが言われていて、ですね。


シチュエーションが一つ一つ逆転していると。

うーん、すげー洞察力。

ただ、今回の場合、その「シチュエーションの逆転」が、エピソード的にも
シリーズの流れにも関わりが控えめで
そういう「逆転」させた演出の意図が掴みにくくなっていると思います。

ただ、ここの要素の「逆転」は綿密に作られているので、

次回とセットで考えるべきなのかもしれませんが。



第45話「4人はプリキュア!クリスマスイブの別れ!!」

ある意味、フレッシュプリキュア、というお話はこの話の為にある、と言い過ぎ
かもしれないけど、このエピソードを通過することが前提にあったと言えますよね。

家族と、町の人、報道されるプリキュアたち。

個人的には、世界が絶望に包まれる中、ラビリンスへ飛び立つピーチたちに
テレビカメラが向けられて、

「ご覧下さい、世界の皆様、今、プリキュアたちが・・・!」

みたいな放送があって、タケシ君や無事退院した千香ちゃんがTVの前で固唾を
飲んで見守っている・・・・みたいな、ウルトラマンティガとガイアを足して
2で割ったような話を期待していたんだけどw、
家族の話に落ち着けてきましたね。

※飛ばしてしまったけど、ダイナアンチと言う訳ではないので、念のため(^^;)

確かに、こういう自分の娘が・・・みたいな家族関係は、ウルトラマンでもない
プリキュアならでは、と言えますね。

それに、プリキュアが報道される、というシーンはトーンダウンしてきてたし。
家族主体で描くのがフレッシュ、という見方をするなら、特に桃園夫妻の存在感
は大きいですね。

話の主体が、せつなになろうと、ラブになろうと揺ぎ無いですね、もう。

しかし、ちょっと気になるのは、44話の最後でシフォンが連れ去られて
激落ち込みしたラブが、立ち直る描写が省かれている事ですよね。

変身解除も忘れて落ち込むヒーロって言うのはあまり見ない構図なので、
(ジャスティスリーグとかではありそうだけど)、そこから立ち直る話も
見てみたかった・・・というか、普通に「あるべき」と考えてしまいます。
あえて飛ばしたことが後で演出になったりするのかなぁ。

でも、44話と45話の間にもう1話あったような雰囲気なんですよね。
44.5話とか(笑)。

うん。

明日あるのかなぁ。でも、忙しそうだしなぁ・・・・・。

Posted by 黒森コウ
comment:0   trackback:3
[フレッシュ プリキュア
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。